2010/12/11

上京してJAZZる!

Club1012

11月末より10日間ほど、慣例の年に一度の里帰りをしておりました。
私も妻も故郷は東京なので、里帰り=上京でもあるのです。

例年のごとく、墓参り、両家への挨拶、お友達との交友のほか、情報収集や必要資材の購入、関係者へのご挨拶等々忙しい毎日でありました。

上京の楽しみの一つは食べ歩きで、今年も、蕎麦、天麩羅、焼き鳥、スイーツ等々、都会ならではの食を楽しみました。いろいろセットしてくれたYさんには感謝、感謝でございます。

もう一つの楽しみが音楽。JAZZライブ!
今年は2つのライブに行くことができました。

一つは、THE STANLEY CLARKE TRIO WITH HIROMI & LENNY WHITE(ブルーノート東京)。
スタンリー・クラーク(b)を生で聞くのは約20年ぶり。あの伝説のライブ・アンダー・ザ・スカイ91でのハービーハンコック・カルテット以来なのだ。
上原ひろみ(p)とレニーホワイト(ds)はお初。

第一印象は、ベースの音がデカイ!
スタンリー・クラーク(b)のバンドだから当たり前かもしれないけど、随分デカイヽ(´▽`)/
ウッドベースのみでエレキは使わなかったんだけど、高速フレーズを弾いても、しっかりと芯のある太い音を鳴らす。いいですねぇ!
エレキでお決まりのソロフレーズをウッドでもやってくれて超ご機嫌、イエィ (・∀・)イイ!

噂どおり上原ひろみ(p)は凄すぎw(゚o゚)w
手が吊らないのが不思議なほどの超高速パッセージ。
熱く燃えました。

レニーホワイトは一聴グシャグシャしたラフなリズムを叩くんだけど、坪を押さえているんでしょうね、実にいい感じでサウンドを纏めておりました。

後半はホーンセクションも参加し、とてもフレンドリーで暖かいステージに。
なんか随分とレベルの高い、凄いものを、とても優しくそして楽しく目の前に示してくれた、そんな感じのライブでした。

もう一つは山中千尋トリオ(ビルボード東京)。
上原ひろみと並んで世界的に活躍するピアニスト山中千尋(p)にリズムセクションは日本を代表する井上陽介(b)と江藤良人(ds)の組み合わせ。

これは予想以上によかったです。
1曲目から井上氏のベースが腰に来る来る。
江藤氏の多彩なシンバルワークやタイトなリズムも楽曲のイメージを広げるし。
そして山中さんがいつものように弾きまくる。

実は昨年の山中さんのライブには、彼女のプレイは素晴らしいだけどトリオとしての魅力に欠けるなぁという印象を持ってしまっていたのですね。。。

しかしリズムセクションがいいと、同じ曲を聴いても興奮度が違ってきますねぇ!
急造のトリオでもここまで出来ちゃうんだから、意思疎通がもっと高まったらなぁ。
山中さんには、トリオのメンバーを固定してツアーをやってもらいたいなぁ。
ピアノトリオとして熟度と緊張感の高まった、丁々発止のやり取りを体験してみたいと強く思ったライブでした。

当初はファーストステージだけの予定だったんだけど、気に入ったのでセカンドも見ちゃいましたgood

あとライブ会場のビルボードライブ東京も気に入りました。

カジュアルエリアというワンドリンクつきの音楽を聴くのに特化させた席があるのですが、これがナイス!
ちょっとステージからは遠いけれど、音は悪くないし、見下ろす感じでステージは良く見えるし。
ミュージシャンの一挙手一投足に注意を払いながら音楽に集中できるのに、料金は安めと言う事無しです。
お食事をせずに音楽のみを聞きに行かれる方には超お勧めデス。

しかし、こんな素晴らしいライブが連日あちこちで行われている東京って、ホント凄い街ですね。

2007/12/11

紅葉をみて!日本酒飲んで!旨いもの食って!

071205

さて、今年も例年通り、11月下旬から12月上旬にかけて宿を閉じ、里帰り&東京ツアーに行ってきた。
今回は法要があったり、親と旅行にいったりもしたものだから、なかなか忙しいスケジュールだったのだ。

旅行には十数年ぶりに箱根に行き、紅葉と温泉を堪能した。ポーラ美術館にもより文化の芳しい香りなどもかげた。箱根は自然・文化・アメニティの多様さがあり、懐の深い実によくできた観光地であるなぁと感心したのでありました。

東京ではこれまた例年通り、飲んで食ってを繰りかえし、島に帰ることころには飲み疲れ・食べ疲れでぐったりなのであった。
今回よったなかでとくに満足度が高かったのは
 ○下北沢の定番・大人のお食事処「なかむら
  キンメダイのみぞれしゃぶしゃぶがグーでした
 ○下北沢で上手い魚をくうならば外せない「飛ぶさかな
  ノドグロの塩焼き・アイナメのお刺身・神亀の上燗・たまりません
 ○勝どきの高級立ち食い飲み屋「かねます
  ウニが牛刺しにまかれているのだぁ~ とろけるのだぁ~
 ○築地市場の食べ物良し、飲みもの良しの「市場の厨房
  本マグロ食べ比べは石垣島でもできないのです...
 ○浅草の身体にやさしーい安全で健康的な中華料理の「龍園
  きちんととったスープの身体に染み渡るおいしさ!
等々でした。
どれも大変美味しゅうございました。ご馳走様!!

2006/12/20

東京の雑多さに今更ながらにビックリ!

Tabetayo400

11月の勤労感謝の日をさかいに、石垣島の観光客はプッツリととだえ静かな島となりました。
僕もシーズン中にたまった疲れをとろうかとお休みをとったりのんびりすごしていたよ。ブログの更新も全くせずに。。。

その間、10日間ほど東京に遊びにいってきました。
のんびりした島から行くと、ホント目が回るようにいろんなものが溢れていますねぇ、東京は。
忙しい人々、雑踏・騒音、広告・ファッション、ニュース・情報と多種多様なものが溢れかえっていて、久しぶりに見、聴き、触れる光景は、オモチャ箱をひっくり返したみたいな雑多さでした。

そんな雑多な街での僕たちの楽しみは、食べ歩きをすること。
うまい日本酒とこざっぱりとした和食、あるいは自然の味を生かした気の利いたイタリアンなど昼・夜のお食事を楽しんできました。
なかでもはずせないのが、かつて慣れ親しんだ街・下北沢にある、内地の魚をバリバリ食べれる「とぶさかな」と季節の一手間かけた美味しいものと日本酒をたのしめる「なかむら」の2軒です。今回も、期待を裏切らない充実したお食事ができたのでした。
しかし、お酒をチビチビのみながら、チョコチョコつまんで、ウダウダするのって、ホント、最高ですね!
今回も、お店をセッティングしてくれたり、ウダウダに付き合ってくれたり、みんな~、どうもありがとう!!


2006/02/09

お昼はまつや、夜はなかむら

soba

昨日は合羽橋道具街に買出しに行った。

「直接いったんじゃあつまらない」ということで、昨年同様、神田のそばの老舗「まつや」によったのであった。
日本そばというのも石垣島では食べられないものの代表の一つなのである。

「ごめんよっ!」と戸をあけると、午後2時過ぎというのに、半数くらいの人は、棒鰊やら板わさやらをつまみながら一杯やっている。
正しい、江戸の午後3時という感じで、この雰囲気、実にいいですねぇ。

僕等も一杯やりたいところだったけど、これから買出しということで、お酒は抜きですぐにおそばにしたのであった。僕は温かいそば(たぬきそば)とつめたいそば(もり)をたのんだんだけど、あまりの旨さにツルツルっと、あっというまに「おいしゅうございました」なのであった。

夜は、下北沢にあるおしゃれな和食系ダイニングバーのはしりのような店である「なかむら」にいった。
下北沢で、数少ないおいしくゆっくり食事を楽しめるところだ。
いろいろ食したもののなかでは、「豚の山椒みそ焼き」が実に発見であった。香ばしい味噌と山椒の香り、柔らかな火の入りかた、とても意外な焼きごぼうと蒸しキャベツという付け合せとの組み合わせ。
ぷかぴ~的にも取り入れたいなぁと感じる、とても勉強になった一夜なのであった。
今夜もたいへんおいしゅうございました。

「とぶさかな」で魚三昧なのだ

sakana

さて、火曜日から東京なのである。
南の端っこの石垣島から花の東京なのである。
気温20度以上の世界から、5度前後の世界へと、いきなり気温差20度の世界なのである。
毛穴が開ききった体には、「ばっかみたい!」と叫びたくなるほど寒かったりするのである。

そんな東京での最大の楽しみといえば、「食べ歩き」
飲むこと食べることの大好きな我々(私たち夫婦のことです)は、石垣島では食べられないようなものを食べ歩くのを最大の楽しみとして上京したのである。

一昨日は東京は下北沢にある「とぶさかな」に行った。
ここはもともと築地で魚屋をやっていた大将の目利きが素晴らしく、「リーズナブルに旨い魚」をガンガン食べられる店であり、魚大好き、日本酒大好きの我々が、上京したら「いの一番」にいきたかった店の一つなのである。

たのんだものは、刺身はマコガレイ、ホウボウ、タイラガイ、ミズタコ、シメサバ、焼き物がノドグロ、そのほか薩摩焼、あかなすの炭火焼、焼きソラマメ、大根の煮物、酒盗、etc
これらを純米酒・神亀の上燗をゆるゆるやりながら食すのである。
「くぅ~、こいつぅはぁ、たまんねぇや!」とついついべらんめぇ口調になりつつ、ひたすら食べるのである。
いやぁ、うまかったなぁ!

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト