« ヤマバレのイノーのサンゴ | トップページ | 今年はニシキテグリ狙った写真、撮れませんでした »

2012/07/06

voyageMPDのプレイリストをfoobar2000でつくる

(この記事は自分の備忘録)

以前ブログに書いたように、voyageMPDは音がよくとても気に入っている。
が、インターフェースが今ひとつで、GMPCしろMpadにしろ使い難いったらありゃしない。

特にプレイリストが今一つで、foobarのようにさくさく作れればなぁ、なんて思っていた。

だったらfoobarで作って、voyageMPDに転用したらいいじゃないの?
ということで、やってみたところ共用はできないけれど、foobarのプレイリスト→voyageMPDのプレイリストの変換は簡単にできることがわかったので、忘れないようにここにメモ。

要点

プレイリストのファイル形式は「m3u」
この形式はテキストなのでエディターで簡単に編集可
ファイルの内容は、単純に再生する曲のパスが曲順に示されたもの。

例)foobarの場合
¥¥○○¥××¥△△¥***1.flac
¥¥○○¥××¥△△¥***2.flac
   :
例)voyageMPDの場合
××/△△/***1.flac○○/××/△△/***2.flac・・

以上のようにフォルダーの表現が違うだけなのでこれをエディターで検索・置換・削除すればよい。(改行の有無は気にする必要がないみたい、winとlinuxで改行コードが違うためwinのメモ帳だと上記のように見える。きちんとしたテキストエディターを使えば改行コードはどちらも入っていることがわかる)

手順

1.foobar2000でプレイリストを作成
2.FILE > SAVE PLAYLISTで保存 ファイル形式はM3U
3.テキストエディターでファイルを開き、「¥」を「/」に置換
4.パスの一番最初についている「//」を削除
5.文字コードUTF-8で保存

※追記

上記手順では日本語など2バイト文字がパスに含まれていると2バイト文字の含まれた楽曲が認識されないことを発見。
この場合、次の方法だとうまくいった。

手順(2バイト文字が含まれている場合)

1.foobar2000でプレイリストを作成
2.FILE > SAVE PLAYLISTで保存 ファイル形式はM3U8
3.ファイルの拡張子M3U8をM3Uに変更
4.テキストエディターでファイルを開き「¥」を「/」に置換
5.パスの一番最初についている「//」を削除
6.文字コードUTF-8で保存

※さらに追記

改行などをいいかげんに指定していると、プレイリストの1行目が読めない場合がある。
テキストエディターの保存の形式で、文字コード「UTF-8N」、改行コード「LF」とするといいみたい。

« ヤマバレのイノーのサンゴ | トップページ | 今年はニシキテグリ狙った写真、撮れませんでした »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマバレのイノーのサンゴ | トップページ | 今年はニシキテグリ狙った写真、撮れませんでした »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト