« 状態がよくない米原ビーチのサンゴ | トップページ | 僕がfoobar2000を使う訳 »

2012/02/20

音楽ファイルの形式をflacに変えた

久しぶりにPCオーディオ・ネタ。

この時期は、暇なものだから、どうしても音楽を聴く時間が長くなる。
聴いているうちに、ついつい、ちょこちょこ何かをいじりたくなってしまう。

この冬、音楽のファイル形式を変えることにした。

これまでは、320kbのmp3。

それを、flacに。

ちなみに、mp3にするまでは、alac(アップルロスレス)を使っていた。

alacからmp3(320kb)に変えた理由は、itunesでリッピングしたalac形式より、EAC(Exact Audio Copy)でリッピングしたmp3形式の音がとてもよく感じられたから。
音が深くて、芯があるように感じたんだ。
可逆圧縮より非可逆圧縮のほうが音がよいなんて、ちょっと信じがたいことなんだけど、自分には、とても好ましく感じたんだよね、その時。。。

で、今回、mp3(320kb)からflacに変えたのは、flacの方が音がよいように感じられたから。
一番顕著に感じたのが、音像の定位。
ピアノのデュオを聴き較べた時に、はっきりと感じてしまった。
そうと解ると、よいと感じるファイル形式を採用したいのが人の性だよね。。。

本当は、スピーカーの前にどっかり座って音楽を聴くことなんて、一年のうちの、商売が暇なごく限られた時期だけなので、多少の音がいい悪いなんて、どうでもいいことなんだけどね。

今までMP3でリッピングした数千曲もあるものを、新たにflacにリッピングしなおす気にはなれないので、今後、新たにリッピングするものと、お気に入りのアルバムのみを「flac+cueシート」形式でリッピングする予定です。

« 状態がよくない米原ビーチのサンゴ | トップページ | 僕がfoobar2000を使う訳 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 状態がよくない米原ビーチのサンゴ | トップページ | 僕がfoobar2000を使う訳 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト