« 今年、撮りたい写真 | トップページ | 状態がよくない米原ビーチのサンゴ »

2012/01/19

ハナナガスズメダイを撮ってきた

Hananaga1201_1

Hananaga1201_2

今年初のダイビングは米原ビーチだった。

インリーフだけで遊んだので、最大水深は2mと超浅場。
海水浴を楽しんでいる水着のお嬢さん達がいるころだと、危ない人に間違わられる危険性が高かくてとてもチャレンジできない。まあ、海辺が空いているこの時期限定の楽しみだ。

前回のブログで、魚眼レンズでとったクロソラスズメダイを紹介したけれど、今回は魚眼レンズで、ハナナガスズメダイを狙ってみた。

名前の通り、長い鼻面の顔がユニークなスズメダイだ。

クロソラスズメダイと同様に、自分の縄張り内で餌となる海藻を繁殖させる種で、この縄張りの中に、カメラが入ると、「おい、こら、出て行け!」と牽制してくる。
その時に、ドアップで撮影するわけだ。

米原ビーチでは、クロソラスズメダイが数多く生息しているけれど、この種も、それについで多い。
でも、どちらも焦げ茶色した似たような魚なわけで、見分けられるようになるまでずいぶんかかったよ。

図鑑的には、第二背ビレと尾ビレの間の付け根のところの黒斑の違いと、目から口までの長さの違いで見分けるのだけど、はじめのうちは、海の中ではとてもとてもそこまで見れず。。。
でも、慣れてくると不思議なもので、そんな細かいところをみなくても、顔つきだけですぐに判断がつくようになる。
これができるようになるのに、5年もかかったけど。。。。。ヤレヤレ。。

その他、クロソラスズメダイがハマサンゴを主に自分のテリトリーに仕立てているのに対し、ハナナガスズメダイは、エダサンゴを主に自分のテリトリーに仕立てていることが多いので、こうした環境の違いもわかってくると、より素早く見つけられるようになる。
数年前までは全然解らず苦労していたのが嘘みたいだ。
継続は力なりなんだね。

Hananaga1201_3

« 今年、撮りたい写真 | トップページ | 状態がよくない米原ビーチのサンゴ »

1. 海・水中写真ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年、撮りたい写真 | トップページ | 状態がよくない米原ビーチのサンゴ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト