« やっぱりマンタ | トップページ | 今年、撮り忘れてしまった被写体 »

2011/11/05

オーバー気味に撮る。ぶらせて撮る。

Deva1110_2

Deva1110_3

Akane1110_1

僕が撮影するときの露出は、シャッタースピードはシンクロスピードぎりぎりまで速くし、絞りはF8からF13とやや絞り気味、適正に対して背景は1絞りほど暗くし、ストロボはジャストから半絞りほど暗くあてることが多い。

まあ、極端な失敗にはならない超・保守的な露出を採用するわけだ。

これだとやや落ち着いた、しっかりピンがきた写真を撮りやすいのだけれど、よっぽど被写体が魅力的でない限り、ちっとも面白くない整然とした写真が並ぶことになる。

で、たまーに、わざと露出をオーバーにしたり、絞りを開いてピンを薄くしたり、シャッタースピードを落として被写体をぶらしたりして撮ってみるんだけど、思うような絵ができず。

ちなみに、露出オーバー気味のふわっとした雰囲気の写真を「若者撮り」と言うらしいんだけど、叔父さんにはハードルが高いっす。

せっかくオーバー気味に撮影しても、レッタチで標準に戻している自分がいるし(笑)。。。
意味無いじゃん。。。。

« やっぱりマンタ | トップページ | 今年、撮り忘れてしまった被写体 »

1. 海・水中写真ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱりマンタ | トップページ | 今年、撮り忘れてしまった被写体 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト