« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011/09/20

ビーチエントリー

Sakana

Misuji

今年の9月は北風の日が多い。
久しぶりにダイビングをした9月3日の日も真北の風だった。

石垣島ではビーチエントリーに適した場所がとても少ないのだけれど、真北となるとさらに限られてしまう。
そんなときの強い味方となる場所のひとつが「電信屋」だ。

ここは、旧跡の電信屋跡地に車をとめて、そこでタンクを背負ってから、1分も歩かずにエントリーできるというありがたい場所なのだ。
ただとても遠浅で結構泳がないといけないんだけどね(まあ、石垣島のビーチエントリーのできるポイントはどこもそうだけど)

で、久しぶりにエントリー。。。

ここのポイントは僕は大きく3つのコーナーに分けて楽しんでいる。

まずはダラダラした遠浅の砂地のなかにポツンポツンとサンゴの根がある場所。
サンゴの根にはいろんな幼魚がついているので、それを探したりするのが楽しい場所だ。
ここが水深1~3mくらいまで数百m続く。

次はサンゴの根が高密度で集まっている場所。
いろんな魚がついていて、スズメダイの仲間やテンジクダイの仲間が雲のようにたなびきながら群れているのもこの場所だ。
水深は5m前後でエリアはそんなに広くない。

そこから先はダラダラと水深が深くなる砂と泥がまじった場所だ。
ここは、クロオビハゼやシマオリハゼ、ケショウハゼなど、このような環境を好むハゼがたくさん生息している。

今回は、このハゼコーナーが不発で、ほとんど巣穴からj顔を出していなかったのが実にザンネン。
潮止まりの時間帯に入ったのでそのせいなのかねぇ。
なかなか思うようにはいかないものです。

2011/09/02

ハゴロモハゼはただ撮っただけ。。。

Hagoromo1108

ハゴロモハゼは鰭をヒラヒラさせながら泳ぐ姿が美しく、是非ゲットしたい被写体の一つだ。
特に雄は背びれや尾びれが大きく実に美しい。

毎年、僕のフィールドで撮影にはチャレンジしているんだけど、昨年はゲットできず。一昨年は、ビギナーズラックなのか何回か撮影することができた

今年はあえるかな?なんて思いつつ、8月の下旬の朝、潮に合わせてフィールドに行ってきたよ。
僕が知っている彼らの生息地は水深が浅い河口部で、潮の条件が合わないとなかなか入れないんだよね。

今年は出会うことはできた。(ホッ)
でもいい写真は撮れなかった。(ザンネン...)

雄が雌に激しくアピールすべく鰭をヒラヒラさせているところを押さえたいんだけど、そんなシーンが起きそうな気配もなく。。。。

下げ潮で入ったのがまずいのか? 僕のフィールドでの彼らの生息密度が低すぎてチャンスが少ないのか?。。

とりあえず見つけました、という証拠写真のみの寂しい一枚なのであった。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト