« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/12/30

上原ひろみソロライブ イン 沖縄 は 本当に素晴らしかった

Naha_uehara

先日、上原ひろみソロライブ日本ツアーに行ってきたよ。

彼女ほどの超一流ピアニストが沖縄に来てくれるなんて!
こりゃぁ、万難を排して行くしかないでしょぉぉ!

って、ことで、石垣島から飛行機に乗って会場のコンベンションセンターのある沖縄本島まで出かけた。
もちろん、その日は帰れないので、1泊2日の小旅行。
演奏者もツアーだけど、見に行く私もちょっとしたツアーだったのだ。

と、意気込んで出かけたものの、頭の片隅には実はちょっと心配もあった。

私が一番好きな彼女のアルバムは、変態系ギタリスト、David Fiuczynski(デビット フュージンスキー)が参加した、HIROMI'S SONICBLOOM名義のものなのだ。

そんな私が果たして、ピアノソロライブで堪能できるだろうか?
途中でちょっと飽きて寝てしまうのではないか。。。
飛行機料金と2日間の日程と宿泊代までかけて行くほどの満足度を得られるだろうか。。。。。

しかーし、彼女の演奏が始まるとともにそんな心配は消えていた。

1曲目から、彼女がピアノと楽しげに戯れながら、高度なテクニックに裏づけされた豊なフレーズを惜しげもなく積み重ねる。
そこに彼女のピアノの詩的世界が広がってくる。
その世界に私も浸り、あっという間に7曲ほど演奏した第一部が幕を閉じた。

そして10分ほどの休憩を挟んでからの第2部はもっと素晴らしかった。

1曲目はロマンチックなGreen Tea Farm
私の携帯の着メロにも採用しているお気に入りの曲の1つだ。
生でこの演奏を聴ける機会があるとは思っていなかったので、一気に私の気持ちが盛り上がる。

そして圧巻は、彼女の代表曲の1つであろう、アルバム、スパイラルに収められた「Old castle, by the river, in the middle forest」だった。

この曲は、テンポの速い小刻みなリズムに乗っかりながら、彼女がテーマをどんどん展開していき、もうこれ以上展開しきれないだろうというところまで演奏の緊張度が高まった後半に、いきなりゆったりとした8ビートに乗りながら、大らかで雄大で印象的なメロディーが現れ、その緊張の弛緩と開放に大いなる感動を得られるという楽曲だ。

はたして、このリズムの緊張と弛緩と開放をソロピアノ1本で得られるのだろうか?

ちょっとドキドキしながら演奏に耳を傾ける。

私の心配は杞憂であった。

本当に素晴らしかった。

前述の後半部分のゆったりとした印象的なメロディが現れたところで、私は感動のあまり、溢れ出る涙を抑えることができなくなってしまった。

だくだくと涙を流しながら音楽に身をまかせ、私の中にくすぶっていた世事の憂さを溶かしだし、この身を軽くした。

まさに音楽による癒しであった。

この感動はおそらく私だけでなく、会場の多くの人々が感じていたに違いない。

演奏が終わったときの、まさに水を打ったようなシーンとした沈黙。
そして一瞬の間をおいての割れんばかりの拍手。
演奏者とピアノと観客がまさに1つになった素晴らしい瞬間だった。

この後、Place to beから三部作VIVA VEGASで第2部が終了し、アンコール曲Place to beで幕を閉じた。

これだけの感動と満足度を得ることができるとは。

ジャズピアノ、とくにソロだと、抽象的な世界に入りがちだと思うのだけど、彼女のプレイは抽象的な音階をあまり使わない。
またスケールがアウトしてどこかにいってしまうこともあまりない。

耳になじみやすい美しいフレーズを、前人未到の超高速なタッチで展開したり、リズムを刻んだり、あるいは高音から低音までフルスケールで使用したり、さらにはフォルテからピアノまで繊細に音量をコントロールすることで、聴かせてくれる。
そうした演奏法のスピードと多様さに彼女のオリジナリティの一つがあるのだろう。

このような演奏は大変に高度なテクニックが必要であるとともに、とてつもない集中力が必要だろう。

彼女は、世界中を旅しながら、年間に180回近いライブを行っているという。
そんな毎日には辛いとき、疲れているとき、気分が乗らないときなども多々あるだろう。

そんなことを微塵も感じさせない手抜きの一切ない全力投球。
常に、音楽と観客の反応に集中しながら、全身全霊を込めて演奏する彼女の姿は、それだけで感動ものであった。

また、これだけの素晴らしい音楽世界を繰り広げることのできるプレイヤーでありながら、けして奢ることも、高飛車になること、芸術家ぶることもなく、音楽表現に没頭する人間性にも感心した。

上原ひろみ、素晴らしすぎです。

あ、あと演奏とは関係ないんだけど、スニーカーがとても可愛かった。
一部と二部で違うタイプのスニーカーに履き替えていたけど、どちらも衣装にばっちり似合っていた。
これはやはりシューズデザイナーのご主人のデザインなのでしょうか?

2010/12/27

暮れてきたねぇ

Yuuhi1012

日の出が7時20分頃、日の入りが18時頃と日が短くなりました。

夕方6時も過ぎるともう薄暗く、こう日が短くなると年の瀬を感じますねぇ。

周りを海に囲まれた石垣島は夕日のポイントがあちこちにある。
夕方、車を走らせながら、気に入った場所で「パチリ」

そんな過ごし方が楽しい今日この頃です。

2010/12/21

ワイドな世界

Kumanomi1012


ここのところ石垣島のお天気は比較的温暖。
最高気温が20度を超えてくれるので超寒がりの自分にとってはありがたいっす。

ときおり日も射したりすると極楽、極楽。

お客様も少ない時期なので、お天気と相談しながらせっせと海に通っておりまする。

最近はワイドを着けて潜ることが多い。
フィッシュアイはこの冬から初めて使い始めたんだけど難しいねぇー

構図、露出、焦点、全てにおいてマクロは発想を変えないといけないみたい。。。
自分なりのスタイルができるまで時間がかかりそうな予感。。。。。。

2010/12/15

風邪をひいてました

Photo

久しぶりに大風邪をひいてました。
寝込むような風邪をひいたのは7年ぶりくらいかなぁ...?

喉がヒリヒリに腫れて声が出ず。。。
だるくて1日中何もできない日が数日続いておりました。

インフルエンザの予防注射を打つと何故かそのシーズンは風邪をひかないというジンクスがあったのですが、ついに破られてしまったのだぁ。

3日ほど前からやっと外に出てもいいかなという気に。。
ラフティ連れて、鈍った身体をほぐしておりました。

私の体調が戻ってくるのと歩調を合わせるように、天気は崩れだし。。。

残念。。。。

2010/12/11

上京してJAZZる!

Club1012

11月末より10日間ほど、慣例の年に一度の里帰りをしておりました。
私も妻も故郷は東京なので、里帰り=上京でもあるのです。

例年のごとく、墓参り、両家への挨拶、お友達との交友のほか、情報収集や必要資材の購入、関係者へのご挨拶等々忙しい毎日でありました。

上京の楽しみの一つは食べ歩きで、今年も、蕎麦、天麩羅、焼き鳥、スイーツ等々、都会ならではの食を楽しみました。いろいろセットしてくれたYさんには感謝、感謝でございます。

もう一つの楽しみが音楽。JAZZライブ!
今年は2つのライブに行くことができました。

一つは、THE STANLEY CLARKE TRIO WITH HIROMI & LENNY WHITE(ブルーノート東京)。
スタンリー・クラーク(b)を生で聞くのは約20年ぶり。あの伝説のライブ・アンダー・ザ・スカイ91でのハービーハンコック・カルテット以来なのだ。
上原ひろみ(p)とレニーホワイト(ds)はお初。

第一印象は、ベースの音がデカイ!
スタンリー・クラーク(b)のバンドだから当たり前かもしれないけど、随分デカイヽ(´▽`)/
ウッドベースのみでエレキは使わなかったんだけど、高速フレーズを弾いても、しっかりと芯のある太い音を鳴らす。いいですねぇ!
エレキでお決まりのソロフレーズをウッドでもやってくれて超ご機嫌、イエィ (・∀・)イイ!

噂どおり上原ひろみ(p)は凄すぎw(゚o゚)w
手が吊らないのが不思議なほどの超高速パッセージ。
熱く燃えました。

レニーホワイトは一聴グシャグシャしたラフなリズムを叩くんだけど、坪を押さえているんでしょうね、実にいい感じでサウンドを纏めておりました。

後半はホーンセクションも参加し、とてもフレンドリーで暖かいステージに。
なんか随分とレベルの高い、凄いものを、とても優しくそして楽しく目の前に示してくれた、そんな感じのライブでした。

もう一つは山中千尋トリオ(ビルボード東京)。
上原ひろみと並んで世界的に活躍するピアニスト山中千尋(p)にリズムセクションは日本を代表する井上陽介(b)と江藤良人(ds)の組み合わせ。

これは予想以上によかったです。
1曲目から井上氏のベースが腰に来る来る。
江藤氏の多彩なシンバルワークやタイトなリズムも楽曲のイメージを広げるし。
そして山中さんがいつものように弾きまくる。

実は昨年の山中さんのライブには、彼女のプレイは素晴らしいだけどトリオとしての魅力に欠けるなぁという印象を持ってしまっていたのですね。。。

しかしリズムセクションがいいと、同じ曲を聴いても興奮度が違ってきますねぇ!
急造のトリオでもここまで出来ちゃうんだから、意思疎通がもっと高まったらなぁ。
山中さんには、トリオのメンバーを固定してツアーをやってもらいたいなぁ。
ピアノトリオとして熟度と緊張感の高まった、丁々発止のやり取りを体験してみたいと強く思ったライブでした。

当初はファーストステージだけの予定だったんだけど、気に入ったのでセカンドも見ちゃいましたgood

あとライブ会場のビルボードライブ東京も気に入りました。

カジュアルエリアというワンドリンクつきの音楽を聴くのに特化させた席があるのですが、これがナイス!
ちょっとステージからは遠いけれど、音は悪くないし、見下ろす感じでステージは良く見えるし。
ミュージシャンの一挙手一投足に注意を払いながら音楽に集中できるのに、料金は安めと言う事無しです。
お食事をせずに音楽のみを聞きに行かれる方には超お勧めデス。

しかし、こんな素晴らしいライブが連日あちこちで行われている東京って、ホント凄い街ですね。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト