« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/28

いやぁ、ホント、よく吹きますこと。。。

Nami1010


大雨が止んでほっと一息と思ったら、今度は北風ピューピューの石垣島です。

風速10m以上の強風が吹き始めて今日で3日目?、4日目?

台風の影響とも相俟って、波高8mとありえない時化で、海は大荒れです。

ダイビングは中止になり、猟師さんは海にいけないので島からお魚が消え。。。
石垣島から周辺への離島へのフェリーも欠航となり。。。。

ちょっとありえない大荒れの天気が続き、だいぶウンザリの今日この頃です。

観光客の皆様にもホント申し訳ない、トホホ。。。

2010/10/24

いやぁ、ホント、よく降りましたこと

Ame1010

奄美大島の豪雨は多くの被害をもたらし心からお見舞いを申し上げるんだけど、石垣島もほんとよく降りました。
なんか一生降り続くんじゃないかという気になるくらいにね。

豪雨となった19日から23日の総降水量は725.5mm。
これは年間降水量の平年値2307mm(1979年から2000年)の31.4%にあたり、つまり年間降る雨の約3割分がこの5日間に降ったのでした。

1時間あたりの最大降水量も73.5mm(22日)!
1日に50mm降れば大雨というのに、それをはるかに超える量が1時間に降ったときもあったわけで、それはそれは凄い豪雨でした。

雨も1日程度ならいいのですが、毎日、豪雨となると、地盤が緩み、大地が吸収できなくなった雨が地表を流れと、影響がどんどん大きくなることを身体で実感した数日間でした。

こんなに大雨が降って、あのハゴロモハゼの生息地はいったいどうなってしまったのか、心配になりつつも、まずは身に周りの片づけが先で、それどころではないのでした。

ヤレヤレ。

2010/10/18

遅れてゲットした季節物

Rurihosi1010

お気に入りの被写体で、毎年、その季節がくれば撮影している仔はいくつかあるんだけど、このルリホシスズメダイの幼魚もその一つ。

でも今年は小ぶりで美しい幼魚に出会える季節に、海には入れなかったり、そのポイントにいけなかったりしていたんだ。

「もう今年はゲットできないかなぁ。。」なんて思っていた10月の初~中旬にうまいこと風が南に回り、この仔達が数多く生息する場所に入ることができたヽ(´▽`)/

本当はもう少し若いステージの子が色がもっと鮮やかで、目がくりっとして大きく、とてもラブリーなんだけど、秋にそんな贅沢をいっちゃいけないよね。出会えただけでもラッキーなんだから!

レンズは105mmマクロ、ISO800、ss1/200、F4.8で撮影しました。

露出的にはこれくらいかもうちょっと明るくハイキーっぽくして背景を飛ばしても良かったかな?
緑の発色はまあまあ狙い通りかな。

ただピントがちょっと。。。
目だけはきっちりきていて、あとはちょっとぼける感じが良かったんだけど、全体にピンが甘いよね。。。
この甘さは被写体をきっちりとめることができず、流れてしまっているせいもあるよね。

でも絞り込んで、ストロボ光だけで撮るのは軽やかさがなくなるようでイメージに合わないし。。。

またの機会のお楽しみだね。

2010/10/16

海と空とラフティと

Lafu1010

10月も半ばに入りだいぶ涼しくなってきた石垣島。
日中の最高気温が30度を下回る日がしばしばとなってきたよ。

これぐらいになると日中でもワンコのお散歩に行けるのがありがたい。
夏だと海以外は暑すぎちゃうからね。

ただ昨日からはちょっと北風が吹きすぎ。
もう少し風が落ちるといいんだけれどと都合のいい事を考える俺。。。

2010/10/13

絞りを開いたり・閉じたりしたいよね

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

ここんところナカモトイロワケハゼついている。

先日も、某ショップの船でハナゴイリーフへ!
やっぱボートダイビングは楽チンでいいよねぇ!
もう少し頻繁にボートダイビングを楽しめる生活をしたいものです....

それは、さておき、ここのところナカモトのポイントではペアが瓶から出たり入ったりしている姿を頻繁に見ることができる。
となると、この2匹を同時にカメラに収めたいよね。
そういうとき、どんな構図を考える?

僕のなかのイメージとしては、一つはできるだけ絞りを開いて意被写界深度を浅くし、一匹は目にピントがきて、もう1匹は背景にボケて写っているという図。
例えば上の写真(レンズは105mmマクロ、F6.7)のような感じで、これをもっと極端にピントのメリハリをつけられたらなぁ、というもの。
(だったらF4まで開けよって後からは思うけど)

もう1つはできるだけ絞り込んで被写界深度を深くし、2匹ともにピントがくるような図。
例えば下のような写真(レンズは105mmマクロ、F13)で、もう少し2匹の表情に個性が出ていたらなぁ、というもの。
(これも同様にF16とか19に絞ってみたらって後からは思うよねぇ。。。)

最近の僕の写真は、ピントを合わせることばかりに神経がいってしまっていて、絞りがF8からF11程度までの、被写界深度に工夫のない、メリハリのないものばかりになっていたんだよね。

ストロボをマニュアルで使っていた頃は、距離で絞り値が決まってしまうので仕方がない面もあったんだけど、最近はTTLオートで撮っている。
ということはストロボの露出はほぼ気にせずに絞りを選択できるはずなんだよね。

ISO感度も200から800まで使い分ければ、絞り込んでいるにも関わらず、1/200の早いシャッタースピードでかつ背景も明るく抜けるということも可能なわけだし。

小絞りボケが心配でF11より絞り込んだりしないということもあったんだけど、考えてみれば、プリントで大きく引き伸ばすのが目的の写真はともかくとして、ネットで使ったり、小さくプリントする程度なら、リサイズしてアンシャープマスクをかけるのだから、あんまり煩い事言う必要もないか、という気にもなり。

そんなこんなで、思いっきり絞ったり・開いたり、意図のある写真をとりたいなぁなんて思っている今日この頃なんだな。

今頃になって何言ってんの!って感じもするけど...

2010/10/09

持つべきものは

Nakamoto1010_1

先日、ひさーしぶりのダイビングに行ってきたよ。

その日は北よりの風だったので、ハナゴイリーフでビーチエントリーするべく、ポイント前の駐車場へ。
タンクを背負ってもぐるのは、実は3ヶ月ぶりなので、ウキウキワクワしながらセッティングを始める。

すると!

どこかでエアーが漏れている音が??

レギのねじが緩んでいるのか?
タンクのバルブのOリングに傷がついているのか?

と、思い当たる妖しい箇所を一つ一つ点検すると。。。

なんと、BCのパワーインフレーターの吸気バルブが潮噛みしたらしく、BCにエアが入りっぱなしの状態に!!

このまんまじゃ潜れない。

仕方ない、BCにタンクはつながないで浅いところのみで遊ぶことに予定を変更。
多少、意気消沈して準備を続けていると。。。

運よくも、某ダイビングショップのさわやかガイドA君がちょうどエキジットしてきた。

「takeさん、久しぶりじゃないですかぁ!」
「え、どうしたんですか?? 調子悪いんですか?」
「いやぁ、実はさ。。。」と事の経緯を説明すると。。。

「いやあ、これはピンが潮噛みしちゃったんですねぇ。後で直してあげますよぉ」
「そうだ、僕のパワーインフレーターがそのまま使えるんじゃないですか?」
「今、交換しましょう!」

と親切にも、壊れた私のパワーインフレーターを修理のために預かってくれた上に、その場で彼のパワーインフレーターを貸してくれたのであった。

あまりのうれしさに、行くつもりのなかったナカモト君が生息する深場までビーチから泳いでいってしまったのでした。馬鹿ですねぇ~

それにしてもありがたや。持つべきものはお友達ですねぇ!

注:写真はこの日とは別の日に撮影したものです。


2010/10/03

グルクン、ぐるぐる

Gurukun1009_1


リーフエッジに群れるニジハギの群れを写真に収めたくて、米原ビーチに隣接するビーチでシュノーケルに行ってきた。
ニジハギが数千匹もよく群れている場所があるのだ。
しかし、この日は波があるせいか、あるいは季節的に終わってしまったのか、群れに遭遇できず。
波も高いし、泳ぐだけで疲れちゃうので、すごすごと引き返すことに。

しか~し、この日はこれで終わらなかった。

ビーチの波打ち際で、数千匹のグルクンの群れと遭遇したのだ。

カメラを構えつつ群れに近づく。
驚いた彼らが僕の両脇を走り抜ける。
水中なのにキチキチキチという金属を叩くような音が聞こえる。
警戒音を発しているのだろうか?

夢中でシャッターを押す。

突然、予期しないものに遭遇すると全然だめだね。
狙いをもった露出や構図をとっさにとることができない。
ただカメラを向けて、徒にシャッターを押しているだけ。
ヘタクソ。。。。

シャッター速度を落として流し撮りをしたり、ストロボの発光をとめて、自然光で撮ったり、自然光なら速いシャッタ速度が使えるから1/1000ぐらいでシャッターをきってみたり。。。
構図的にもぐっと視点を下げたり、上から見下ろしてみたり。。。
と、やることはいろいろあるだろうと後からは思うんだけど、このときは何もできず。
もっと練習しなくちゃ。。。

Gurukun1009_2

Gurukun1009_4


9月のお天気@石垣島2010

Kion1009

さて、慣例の2010年9月のお天気のまとめです。

9月は中旬に台風11号という大型の台風が来たのですが、このときを除くとよい天候に恵まれました。
この台風をはさんで、約1度ほど最高気温、最低気温ともに下がっています。
とはいえ上は30度オーバー、下も25度オーバーの真夏日ですから、気温的にはぜんぜん夏が続いているという感じです。
風向きも、下旬に入りやや北寄り(東~東北東)の風が吹くようになってきましたが、明確な北風はまだ吹いていません。
台風さえなければ9月はなかなかよい季節なんだよね。
でも大きな台風が来ちゃうのも9月なんだよねぇ。。。

Kaze1009


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト