« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/28

さあGW

Sumirenagahanadaiyg1004

いよいよGWが始まるね。
石垣島では先日の日曜日にトライアスロン大会もあったせいか、その週末あたりから観光客が増え、徐々に盛り上がってきているよ。
弊宿も、昨年より早い時期からパートさんをお願いして、準備万端、忙しい日々を送っておりまする。

お天気のほうは、ここ数日、残念なことに崩れてしまっている。
それまでは、まあまあの天気だったんだけどねぇ。
なんでかねぇ。
ただ、気温は明後日あたりから上がってきそうなので、そこに1つ期待したいかと。

写真はスミレナガハナダイの幼魚。
成魚の雄も綺麗だけど、幼魚もなかなかですなぁ。。
よく行くイトヒキベラ地帯の下の砂地の岩についていたんだけど、先日、偶然見つけるまで知らなかったよ。
こんな素敵な被写体がいただなんて。
まさに灯台下暗し。
いつもの場所での新しい発見って、なんか得した気分になるよね。

2010/04/23

かわゆし!

イチモンジコバンハゼ幼魚


久しぶりに川平湾で潜ってみた。
今年のニシキテグリや各種ハゼ達の状況を確認しておきたかったし、いろんな幼魚にあえるんじゃないかな?と思ったからだ。

で、まあ、あちこちチェックしながらとあるサンゴの前で「何かないかなぁ...」と物色していると...

とても小さなイソハゼのようなお魚がサンゴの隙間から僕に訴えかけている。

普段、イソハゼの仲間を熱心に撮影したり、観察したりすることはない。
近眼・乱視・老眼と三拍子そろっている自分には小さすぎるのだ。

その僕に訴えかけてきている小さなイソハゼのようなお魚も長さ1cm、太さ3mmほどで、僕の目にはただの折れた鉛筆の芯のようにしか見えない。
が、そのお魚のオーラのせいで、鉛筆の芯やゴミではなく、お魚だということが解るのだ。

105mmマクロレンズのピンを最短にして、ぐーっと寄ってそのお魚をファインダーに捕らえてみる。

ファインダーに浮かび上がったそのお魚は?

おーっ、!

この頭部のゴマを降ったような点々は!

なんと!!

イチモンジコバンハゼの幼魚では!!

あーりませんかっ~~!!!

かわゆし!!!!!

グスン(感動の涙の擬音).....

この仔は前々から見てみたいと思いつつ、見つけられないでいた仔なんだよねぇ。
お顔の丸い感じから、もうちょっとずんぐりした体型を想像していたんだよね。
そうかぁ、お顔は丸くても全体の体型はすーっと細長いんだぁ。
それじゃぁ、今まで見つけられなくてもしょうがないよなぁ。。。

しかし、感動のご対面もほんのわずかな事。
僕のハァハァという妖しいオーラを感じた彼は、ささっとサンゴの影に.....

ウーン、もうちょっと横から撮れていればなぁ、できれば斜め正面から撮りたいなぁ、かわいいだろうなぁぁぁ...

イチモンジコバンハゼ幼魚1本狙いで次回は粘ってみるかぁ?

2010/04/20

君は何をしているのか?

Mituhosi1003_1


海の中はだいぶ春めいてきて産卵行動などもあちこちで見られるようになってきた。

ベラの仲間やブダイの仲間が二匹で寄り添って水中を急上昇しながら体を震わせていたり、スズメダイの仲間が2匹で岩の窪みに体をこすり付けるようにしたりといった動作は分かりやすい例で、ちょっと気をつけて海の中を覗いてみると、すぐに見つけることができるよ。

そんなことを念頭に置きながら、ある日、いつもの米原のとある根に行ってみると、ミツホシクロスズメダイの成魚が盛んに岩の窪みにお腹を擦りつける様に体を震わせる動作を繰り返している。

これが二匹で交互に行っていたり、2匹が絡み合うように一緒に行っていたら、雄と雌がそれぞれ放精、抱卵を行う産卵行動ということになると思うんだけど、1匹だけで、その動作を繰り返している。

なぜ1匹なのか?

予行練習なのか?

誰にも相手にされない寂しい奴なのか?

君はいったい何をしているんだい? と心の中で声を掛けながらシャッターを押したのであった。

2010/04/10

少し調子が上向いてきたかも

Tatekin1003

10日ほど前に指を切ってしまった。
夜、横着して外で照明もつけずに暗闇でゴミを片付けていたら、うっかり空き瓶を割ってしまい、その破片で親指をぐさり。。。
実に久しぶりの肉に突き刺さる生々しい感覚。
普段、怪我とは無縁の生活を送っているので、こういうことがあるとホント落ち込んじゃうんだよね。

ついで何だか噛み合わせがおかしくなり、しょっちゅう舌を歯で噛んでしまうように。。。
いつも舌のどこかが傷ついていて痛い・痛い。

さらには胃の調子も悪くなったのか舌が荒れてしまいザラザラに。
大好きなトマトを食べても浸みる・浸みる。。。

食事がちっとも美味しくない事態になってしまい、まさに味気ない。
飲食に無類の喜びを感じている僕として、なんだか体も熱っぽくてだるい、どよーんと気持ちが落ち込んだ1週間ほどを送っておりました。

が、ここ数日、怪我も治り、舌も口中も復調。
お酒も美味しく飲めるように!

現金なわたくしは旧に気持ちが明るく上向いて来たのでした マル!!

写真はタテジマキンチャクダイ。
幼魚もかわいいけど、成魚もきれいで人気のお魚さんだよね。
成魚でもこいつのようにまだ大人になりかけで体調が20cm程度のものは、若々しくて色もフレッシュで海の中で見てもはっとする美しさだよ。
成魚になりきっちゃうと体色とパターンは一緒でも、もう少し色がくすんで雰囲気もどんよりした感じになってしまうものね。
思わずカメラをむけちゃった被写体でした。

2010/04/03

3月のお天気は

Kisyou1003

さて、毎月恒例の先月の石垣島のお天気の状況です。

全体的に暖かく上旬はとくに天候に恵まれ暑い日が続きました。

寒波がきたのが2回。
この寒波のなかダイビングのライセンスを取得されたH様。とても大変でしたね。でも、この経験は自信となって、ぜーったい次に活きますよぉぉ!

あと海開きの21日が前後と比べてちと寒く、冴えないお天気となりました。
何故か海開きは毎年お天気が今ひとつなのですよねぇ。
今年は前日がとても天気がよかったので「ついに不名誉なジンクスは破られるか?」と期待したのですが、きっちりとお天気が崩れたのでありました。

何でかねぇ。。。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト