« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/28

ビーチエントリーの喜びと悲しみ

ベニヒレイトヒキベラ

2月の後半は、最低気温でも20度以上と暖かい日に恵まれていた。
おかげで連日、タンクを担いで海に潜りに行けたよ。

風の強い日も多かったんだけど風影となるポイントを狙えば大丈夫。
風速、風向、潮(潮位)、波高、これらの予報を参考に、安全に快適に潜るには、どこに何時に入ればいいかを決めるのだ。
僕の場合、一人でタンクを担いで、ビーチエントリーしてセルフダイビングで潜ることになるので、自然と慎重に条件を選ぶことになる。

こうしたダイビングスタイルの喜びには、自分の嗜好に沿って、ゆっくりと海の中を味わううことができることがあろう。
写真を撮るためにある被写体の前でじっくり粘ってもいいし、ただただ中層にボーッと浮かんでいても良いのだ。

最近はあんまりガシガシ必死にシャッターを押していなくて、1回のエントリーで2~3枚しか写真を撮らないこともある。
ただただボーッとグルクンやグルクマなどの群れが来ては去る姿に心を洗われたり、忙しげにプランクトンやらポリプやら藻類やらを啄ばむスズメダイやらブダイやらを微笑ましく眺めることに大半の時間を費やしたりする。

そのときの気分にあわせられるこうした自由は何者にも変えられない喜びだ。

ビーチエントリーだと、ビーチから目的とするポイントまで結構な距離を移動するので、1回の潜水で浅いところや水深のあるところなど多様な環境に触れることができるのも、また面白さの1つかもしれない。

浅場の砂地、インリーフ内の様々なサンゴのパッチリーフ、波があたりやすくつるんとした岩ばかりの礁嶺、サンゴに埋め尽くされる礁斜面、ハゼ探しも楽しい死サンゴや砂地の原っぱ。。。

環境が違えば、風景が異なり、生息中心となる生き物も変わる。
とくに浅場のスズメダイ達やベラやチョウチョウウオ、ブダイの幼魚などを数多くみることができるのはビーチエントリーならではの特権だろう。
ボートエントリーだと、浅すぎてしまってあまり行かない場所だものね。

一方、体力勝負なところがあるのが、ビーチエントリーの辛いところだ。

この季節、僕はロクハンのウエットスーツを着用している。
新調した卸したてのスーツということもあり、アルミのタンクだと、なんと9kgもウエイトをつけなければならない。
体重50kg台前半の私が9kgものウエイトをつけるのだ!
なんと20%もいきなり体重が増えるのだ!!

これでタンクを背負って、カメラをもち、エントリー口まで、砂浜を歩いたり、海岸林の斜面を下りたりする。
はっきり言ってこれ相当辛いです。
加齢とともに、年々、辛さが増していて、もうほぼ限界。
こんなこと出来るのもあと数年程度でしょう。

こんな悲しみを抱えつつも、海の魅力には抗えずに、時間と天候が許せば海に行ってしまう私です。

2010/02/25

ノイズ、って厄介だねぇ....

Ebi1002

以前、CDプレーヤー兼DACとして導入したCEC、CD3800について記事にしたら、このワードで遊びに来てくれている方が結構いらっしゃるようなので、その後の状況を自分の備忘録も兼ねて記載します。
というのも、前の記事に後日追記したように、ノイズに悩まされていたからです。

いつからから、「プチ」、「プチプチ」というノイズに悩まされるようになり、ちょっと視聴に耐えられない状況に。
ネットで調べてみるとパソコンでUSB接続した場合、ノイズに悩まされている人が多いことを初めて知り。。。

「こりゃぁ、私のPCオーディオとしての再生環境が悪いに違いない」と思い、いろいろ対策をとってはみたのですが。。。

手始めに「ノートパソコンのUSBに何かしら負荷がかかっているのだろう」と考え、USBの接続ポートを変えてみたり、不用なUSB接続を外してみました。
オンボードのUSBはよろしくないとの書き込みをみて、新たにUSBカードを刺して接続してみたり、USBハブをいれてみたりも。

次は、「ノートパソコンそのものに負荷が掛りすぎているのかも」、と思い、このサイトを参考に、不用なソフトを全て外し、クラシック表示にしたり、OSの自動更新を止めたり、使用できる色数を減らしたり等あれや、これやと余計なものを外す作業をしました。

さらには「使用しているi-tunesが重いのかも」と、foobar2000Lilithなど評判の高い音楽再生ソフトを試してみたりも。

「電源がよくないのかも」、と、パソコン、アンプ、CDプレーヤーを別々の電源からとったり、コンセントのホットとコールドの向きをテスターでチェックの上、コンセントの刺す向きを変えたり、アースをとったり。。。

と、まあいろいろやったのですが、問題は解決しませんでした。
あいかわらず再生を始めてしばらくすると「プチ、プチプチ」とノイズが入ります。。
ただ、電源の見直しでは、多少、改善されたようには思いましたが。

遂に諦め、現在、CDプレーヤーは入院(メーカー送り)しておりまする。

で、このままでいるのもどうにもこうにも諦められず、どうせ乗りかかった船と、別のDACを購入することに。
「街でついつい飲み過ぎて、皆に奢り、散在してしまったことが数回もあったんだよねぇ。ホント懲りないよねぇ、馬鹿だよねぇ」などという苦しい言い訳を思い込むことのできる程度の金額で探すことに。

最終的にEDIROLのUA-25EXCWE-MU0404USBを候補に絞り、最終的にEーMUを使ってみることにしました。

E-MUはWindowsXP時代の機種でちょっと時代遅れな感じがするのと、現在、日本に代理店がなくサービスはおろか販売もされていないので躊躇したのですが、バスパワーでの駆動(電源をUSBから供給されること)ではなく、本体に独立した電源があることが決め手となりました。
ノイズに悩まされたあとの選択だけに、独立電源をもっていたほうが、PCやDACへの負荷が弱く、ノイズものりにくいと考えたのです。

海外のサイトを物色し、カードで支払うのが怖かったので、PAYPALを利用しました。
2月8日に注文したら、なんと13日に届きました。中4日でアメリカから石垣島に届いちゃうなんてちょっとすごいですねぇ。ほんと便利な世の中になったものです。。。

さっそくセッティング。
E-MUのアナログ出力が日本で一般的なRCAジャックでなく、標準モノラルジャックだったため、そのケーブルを手に入れるのに数日かかったりしたのですが、繋いで見るとあっさり音が。
セッティングはここがとても参考になりましたです。

今回はうまくいっておりまする。
ずいぶんガンガンかけてから今回は記事にしているので不具合はないかと思います。
ノイズ無しで音楽が聴けるってことだけで感動し、CDをせっせとHDに落としている今日この頃でありまする。

上の写真はウミシダのなかに潜んでいた(たぶん)コマチテッポウエビ???
ウミシダのど派手な色彩にあわせたノイジーな姿になっておりまする。

★2010.3.3追記
入院中のCD3800が退院してきました。
ノイズはどうやら初期不良だったらしく、修理内容は「デジタル入力回路補正」でした。
さっそくDACとして利用したところ大丈夫なようです。
バッチリです。
上品な暖かみのある音を再生してくれておりまする。

2010/02/17

まったり過ごすお休み

Moegi1001


2月の最初の週末からバレンタインデーにかけては、幸いなことに多くのお客様に恵まれて忙しく過ごしていたんだけど、14日の週からはパッタリとお客様がいなくなり、のんびり過ごしておりまする。

はじめのうちは「よーし、海をかため打ちするぞ~!」なんて思っていたんだけど、ちょうどそのころから冬型の気圧配置になり、寒気も南下してきたため、海は荒れ荒れ、気温も20度以下に。
と、とても水に浸かる気分にもなれず、おうちでまったりのんびりしておりまする。

朝から、食堂にて鈍色に荒れる海をチラチラ横目で眺めつつ、普段はあんまり聴くことのできないジャズピアノなどキラキラと美しく輝くサウンドに身をゆだねておりまする。

キラキラ輝くと言えば「モエギハゼ!」
何故かこの仔の映像が音楽に刺激されて浮かんできたのでありました。

2010/02/07

暖かいかも

ナカモトイロワケハゼ

2月に入ってからの石垣島は暖かい日が続いているよ。
今日までの7日間のうちなんと5日間は最高気温が25度以上の夏日。
風も穏やかな日が多く、「海にいきたいなぁ。。。」と思う日が多いかも。

数日前にはオレンジリ色だったナカモトイロワケハゼ君の卵も、だいぶ成長して黒っぽくなってきているんだろうなぁ....!

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト