« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/31

海で迷った。。

ヤシャハゼ

台風通過後、移動性高気圧の影響でカラッとしたよい天気が続いていた石垣島だけど、今日からはどんより。南から湿った空気が入り、時々雨がぱらつく湿度の高い曇り。
明日からは前線が発達しそうなので、2、3日天気が悪くなりそう。
飛び石連休を絡めて遊びに来てくれるお客様が多い時期なので、予想が外れてくれるといいんだけど。
こういう天気図の時ってちょっと前線の位置が変わるだけだけでずいぶんと天気も変わるからね。

さて、先日、海でちょっと迷ってしまった。

この日はヤシャハゼやネジリンボウを狙おうと、普段はイトヒキベラ狙いで入る場所で、いつもと違うコース取りをしてみた。
ビーチエントリーしてからやや西寄りに沖にでて、一気に水深30mの砂地に下りる。そこでお目当てのハゼを探しながら東に向かう。そうするとベラ地帯の斜面の下にでるはずなので、そこからベラチェックをしながら水深をあげ、12mの棚と5mの礁斜面、3mのインリーフで遊んで帰ろうというダイブプランだ。

まずは予定通り目的の砂地に降りる。
ハゼを探してブラブラする。
「もう見つかんないかな?」と思ったころ、ペアで飛んでるヤシャを発見。
「ラッキー!!」
エアと減圧不要時間を確認。エアは140前後で充分。ただ減圧不要時間までは7分ほどしかないので、さっと撮って上がることに。
適当に寄って、4枚シャッターを押し、残り3分となったところで浮上を始める。
予定通りベラ地帯の礫斜面を適当に遊びにながら深度を上げる。

ところがである。
なんか違うのである。
いつもの慣れ親しんだ風景がでてこないのである。
礫斜面は礫斜面なのだが、いつもと雰囲気が違い、どうやら違う斜面を登っているようなのである。

「うーん、なんか変だなぁ」などと言いつつも取り合えず水深を上げていくことに。
そうこうしているうちに12mの棚を見つけることも5mの礁斜面に出ることもなく、水深5mの広々とした礫の広場に出てしまったのだった。

「ん? ここはどこだ??」
水深は浅いし、岸の方角は概ねあっているはずなので、危ないとかヤバイとか思う気持ちはないのだけど、知らないうちに時限が変わり、いきなり違う世界の扉を開けてしまったみたいで気持ち悪いのである。

広場をうろうろしてみるとユビエダや大きなハマサンゴがある。
ということは、おそらくコブシメワールドに来たのだろう。
でも、アプローチした方角がいつもと全然違うせいか、なんだか知らない風景に見えてしまう。

おそるおそる浮上してあたりを見回す。
すると周辺に目標になるブイを発見して自分の位置が同定でき、予想が合っていたと、やっと安心したのであった。

後で振り返ってみると、礫斜面を登るときに東寄りに進路を取りすぎたということなんだけど、いやあしかし、知っている場所でも見る方向が違うとこんなにも異なった世界が見えてくるのねと、まあ、勉強になったというか反省したエキジット後なのでした。

写真の出来栄えは今三。
時間をかけないと下手糞な僕は寄りがすぐに雑になっちゃう。今回も減圧不要時間を気にして雑になってしまった。もう1寄りしたかったんだけどハゼは引っ込んじゃいました。
あとストロボが露出オーバー。
最近、ストロボのマニュアルを止めてTTLにしたんだけど、撮影条件によってどの測光方法がいい結果をもたらすのかまだ把握できていないんだよね。

撮り直しに行きたいけど、同じ場所に行けるかなぁ????

2009/10/28

秋晴れ

アカツメサンゴヤドカリ

台風20号が通過して以来、よい天気に恵まれている石垣島です。
今日も秋晴れ。
乾いた風が心地よい過ごしやすい日々が続いているよ。
太陽がギラギラ照りつけながらも、ムシムシした夏の日が続くことが多いので、こういう乾いた晴天は実にありがたいです。

写真は青空を見に顔を出したヤドカリ(って、んな訳ないか。。)
僕がいつも安全停止を兼ねて長時間遊んでいる水深3m程の礁斜面で見つけるヤドカリのうち7割はこの仔。アカツメサンゴヤドカリ君。ウジャウジャおりまする。

2009/10/26

晴れたよん

カザリサンゴヤドカリ

いつまでもフラフラと石垣島の南方で迷走し、停滞していた台風20号君。
やおら24日に動き出し進路をぐーっと東に向けてササッと抜けてくれました。
おかげで強風域に入っただけで、暴風域はなし。めでたし、めでたしです。

ただ今回も台風に当ってしまった大東島や八丈方面には心からお見舞いを申し上げます。

台風がいった後の石垣島は久しぶりの晴天に恵まれた。
いやぁ、やっぱ日が射すと気持ちいいねぇ!
ヤドカリのように殻に篭っていた僕の気持ちも、さわやかな風と光に誘われて、久しぶりに顔を出したよ。

写真はカザリサンゴヤドカリ君。
浅場で安全停止をしながら、こんな仔を探して遊んでおりまする。

2009/10/21

またまた不安定な天気に

クロヘリイトヒキベラ雌相

18日、19日は久しぶりにとてもよい天気で気持ちのいい1日だったよ。
空は青く澄みわたり、風は穏やか、乾いた風が心地よい。。。
連日、米原ビーチでのんびり読書に勤しみ、実にリゾートなお休みをすごしたE様は、天候を見方にした見事なお休みの過ごし方でした。
こんなお天気が続いてくれるかと思うとさにあらず、20日から風があがりまたまた不安定な天気に。。。
石垣島の南方海上に(フィリピンの東に)台風20号がいるものだから、風があがり海が荒れてしまっているのです。
予報によれば、速度が遅く、この後停滞してしまいそうなので、しばらく海が荒れ、強風のお天気が続きそう。。。
漁師さんは海にでれなさそうなので、またまたしばらくお魚はお預けになってしまいそうな気配が。。。

写真はクロヘリイトヒキベラ(雌相)です。
この仔達は、石垣島では、水深25mくらいの比較的深いところから、5m程度の浅いところまで広く生息しているので、イトヒキベラの仲間でも一番目に付くことの多い超普通種。
で、そういう仔に限ってきちんとした写真がなかなかないんだよね。すごく綺麗なお魚さんの1つなんだけどね。
この写真は水深5mの浅場の逆光で撮影したものなので、実は発色が悪かったのをレタッチで救ったもの。
もっときっちり撮りたいものです。

2009/10/17

お天気が今ひとつなんだけど

Simaori0910_1

10月に入って以来、石垣島のお天気は実に冴えない。
ど~んよりしたり、雷が鳴ったり、雨に降られたり、北風がピューピュー吹いたり。。。
お日様に会えるときがとても短い。
高気圧の縁ということでスカッと晴れてくれないんだよね。

でも、そんな天気が八重山中に広がっているのかというとそうではなくて、山沿いは雨でも南の街のほうにいくと陽が射していたりなんてこともある。
八重山上級なお客様だと、みんなが雨に降られてがっくりしているなか、上手に晴れ間を探して、陽に焼けてしっかり海遊びしてニコニコしながら帰ってきたりもしているよ。

そう、お天気が不安定なときは、少しでもよい天気になりそうな場所を狙って島中をブラブラしてみると「吉」だったりするのです。

写真はシマオリハゼ。
名前もきれいだけど、見た目もお上品でなかなか魅力的なハゼでございます。
泥ハゼワールドにいくとクロオビハゼについて生息密度が高い種であったりするのでした。

2009/10/08

お魚が消えた!!

Namisuzume

心配した台風は石垣島にはやってこなかったけど、本州に上陸してしまったんだね。被害にあわれた方々にお見舞いを申し上げます。
台風がこなかったからよい天候だったのかというとさにあらず、陸はともかく、台風の余波で海上は大時化が1週間続いているよ。
こちらの漁師さんは小さい船が多いので、時化ると海に出られない。こんな状況が続いているので、海に囲まれているというのに、すっかりお魚が消えてしまっているのです
今日の午後あたりからだいぶ海も落ち着いてきたので、明日は漁師さんが出漁し、新鮮なお魚をゲットしたいものだと願っているのですが。。。

写真はナミスズメダイの幼魚かな????
ちびっ子をいろんなシチュエーションで撮影したいと思っているんだけど、ちびっ子が溢れる7月は忙しくてほとんど海に入ることができないんだよね。
この写真も何匹か絡めたり、バックを青抜きにしたりと、いろいろ撮り直してみたかっただけど。。。残念。

2009/10/02

台風にご用心!

Ebisan0910

「今年は台風がこなくてありがたいねぇ」と呑気に構えていたら、やおら妖しげな天気図に!!
台風17号と18号は油断がなりませぬなぁ。
なんせ3日後以降の予報が少しづつ西にづれたり、南にづれたりして変わるものだから、どうにも予測がつかない。
秋の台風は大きいことが多いしね。。。
こまめに天気予報をみて心の準備をしておくしかありませぬね。
そうそうあとは天にお祈りして。。。
週末から来週中盤頃に石垣島旅行を予定されているかたはこまめに台風情報をチェックしてくださいませ。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト