« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/27

風はこれで収まるのかしら?

カシワハナダイ

九州や本州の梅雨明けが遅れているように、石垣島の今年の夏もちょっと変だ。
いつまでたっても強い南風が収まらず、大気も不安定で、なかなか「ナツーッ」って感じにすっきり晴れないのだ。
気温は連日33度で夏真っ盛りなんだけどね。
でも今日あたりから南風がだいぶ収まってきた。
このまますっきりした夏らしい夏になってくるのかな?

最近、ビーチエントリーで行ける場所で、カシワハナダイがついている根があることを知ってしまった!
けして珍しい魚ではないんだけど、僕がいままでいっていた場所ではけしてみかけることのなかった種なので、嬉かったりするんだ。
でも、そこにたどりつくまで岸からは相当泳ぐので、実はあんまりじっくりと写真をとっていられないんだけどね。
場所を知ってもなかなか行けるチャンスがないのが寂しいよなぁ。。。

2009/07/14

ギンガ黄化個体でてます

ギンガハゼ 黄色

さて、6月後半からサマーシーズンに突入した石垣島。あっというまに3週間ほどが過ぎ去ってしまったのだ。すでに結構お疲れモードだったりします。

今年の夏のお天気はウーンちょっとねぇ。。。というところかしら。
20日頃から7月にかけては毎日が朝からピーカンで「夏ぅ」って感じだったんだけど、いつまでもたっても強い南風は収まらず、それどころが強くなり、はたまた大気が不安定なことが多くて、雷、雨、くるくるかわるお天気などなど、梅雨明けまじかのお天気に戻ってしまったかのよう。
これから夏も中盤に入ってくるけど、お天気はどうなっていくんだろうね。

ところ、今年の米原ビーチはギンガハゼ(黄化)がいいかも。
僕が確認したのは6月の中旬でちょっと古い情報で恐縮なんだけど。。。
黄化した綺麗で大き目の個体がゴロゴロおりまする。
潮が動いていれば鰭もけっこう開いてくれます。

ギンガハゼがウジャウジャいる川平湾や底地ビーチは褐色の個体がほとんどで、型のいい黄色個体はなかなか見られない。一方、米原ビーチは褐色の個体はいなくて黄化した個体ばかり。いったいこの違いはどこから来るんだろうね。不思議なものだよね。

水深は50cmから1mほどなので最終日に飛行機の便まで時間のあるダイバーさんなどはシュノーケルで挑戦してみても面白いかも。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト