« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/27

2月のコブシメワールド

コブシメ

石垣島の昨日の最高気温は27℃!
4月の下旬並みらしいんだけど、まだ2月だよぉ。いくら南国とはいえちょっとねぇ。。。
暑くて蒸し蒸しする1日だった。

水にでもつからないとやってられないということで、1ヶ月ぶりに定点観測のような気分でコブシメワールドへ行ってきたよ。

エントリーするビーチからポイント方向を眺めると、結構、ダイビングの船がでている。
誰でも確実にコブシメの産卵を観察できるので、超人気ポイントとなっている模様。
僕も何箇所か違う場所のお魚さんをチェックしてから、コブシメワールドに向かったよ。

いやぁ、いつものように10匹以上のコブシメたちが雄雌入り乱れて産卵したり、ケンカしたり、アピールしたり、威嚇したりと生のドラマを繰り広げておりました。
個体の大きさも1ヶ月前より大きいものが増えたような。。。。

ただ透明度が超悪くてまるでみそ汁をぶちまけたバケツの中の水のよう。。
そのためあんまり撮影意欲というかアドレナリンが出てこなかったので撮影はホドホドにして帰路についたのだった。。。
写真もコントラストが出ず、綺麗な青も出ていないでしょ。。。残念。。。。。

2009/02/25

ディープな海へゴー!ゴー!!

オオテンハナゴイ

月曜日から「いったいどうしちゃったの?」っていうくらい石垣島の天気がいい。
南風そよそよ、気温は25℃を超え、湿った空気が湿度をあげて肌はベッタリ。
「だってまだ2月だよ」といいたくなるような暑くて湿度ジトジトなお天気が続いている。

ちょうどお休みと重なったことも有り、お友達にお願いしてとってもいけない海遊びに行ってきたのだ。
2日間続けてボートダイビングしたんだけど、こっちに移住してきて以来2日間続けて船に乗ったのなんて初めてじゃないかと思うくらい久しぶり。やっぱ生活があるからねぇ。1日ならともかくなかなか続けては遊びにいけないんだよねぇ。

お友達はポイント調査&ネタ探し。
僕はまともについていったら死んでしまうので、ちょっと水深と泳ぐ距離を省略して水中散歩。
最後は定番のディープな場所でお宝三昧。

この時期どんな魚がついているんだろうねぇ?2月にこの場所にはいれることなんてまずないからわかんないよねぇ、などといいつつ言ってみると、おお、ハナダイがわんさかついているじゃありませんか。
とくにオオテンハナゴイがぐっちゃり。フチドリハナダイとアカボシハナゴイもおりまする。
ワーイワーイと遊んでいたら、○○がしっかりでてたっぷり窒素をすってしまったのでありました。。

2009/02/13

ワオッ!!

090213

今日は南風がビュンビュンで湿度もあがり、ちょっと蒸し暑い天気に!
米原ビーチに行ってみると青空のもと美しい白と青と緑の風景が目前に広がる。
ビーチに誰もいないのがとてももったいないなぁと感じるひと時だったよ。

2009/02/11

よい天気

090211lafu

2月だというのに、気持ちよく晴れ、気温も上がり汗ばむ陽気に。
天気図的には明日もよい天気になりそう。
愛犬ラフティも「ちょっと暑いよう。。。」といいつつ、南国らしい陽射しを楽しんでおりました。

2009/02/05

レッツ・ゴー! ハテルマ!

Hate0902

「明日の天気はどうかなぁ?」と聞くかみさん。
「海も穏やかないい天気みたいよ」と俺。
「じゃ、波照間島にいこうよ」とかみさん。
(なんでせっかく天気がよい時に、海ではなく陸で遊ばねばならないのだ)と心の中で呟く俺。
(でも、ここで行かないと出不精の俺のこと、ずーっと行かなくなっちゃうよな)と自問自答する俺。。。

で、とても2月とは思えない素晴らしい青空のもと行ってきました波照間島へ。
(くぅ~、こんな天気の時は潜りたいよなぁ。。。)などと不埒なことを頭の片隅で考えつつ。。。

石垣島から波照間島へは安栄観光波照間海運が1日3便づつ往復で運行している。
初めは石垣島11時発の安栄観光の船で行こうとしてたんだけど、港に10分ほど前についてみると、なんと満席で乗れないとのこと。

「えっ?」思わぬ事態に焦りつつ、12時発の波照間海運を見てみると空いているとのことで、ほっと一息。
あとで聞いた話しでは、安栄の船は定員が少ないのでよく一杯になることがあるらしい(定員が12名)。

さて、12時の船に乗り込む。
波照間島までは約1時間の船旅だ。

風もないので後方の屋外デッキに座り、海の色や潮風や島影など海の景色を堪能する。
とくに船が黒島から西表島、パナリ近辺を通る時は、エメラルドグリーンの海を地とした、小浜島や西表島、あるいは黒島やパナリといった島々の姿が実に美しい。
島を山にたとえれば、たしかに八重の山々のようで八重山という地域名がストンと心に落ちてくる。

波照間島は、自転車で回った。
ちょっと高低差があり、移動距離もあるし、常に風も吹いているので、自転車よりも原付のほうが楽チンだとは思うんだけど、自転車だと、波や風の音や生き物の声を聞いたり、島の静けさを体感できたりして、これはこれで気持ちがいい。
足の筋肉はちょっとはったりするけどね。。。

広々と続くサトウキビ畑とその先に広がる青い海に向かって1本道を走り抜ける。
日本最南端の碑の前で、南方を眺め、海の向こうの遠い国々に想いを馳せる。
北浜(ニシハマ)の信じられないほど美しい海の色に感嘆する。
フクギの生垣と空石積みの塀に囲まれた家々からなる集落をプラプラし、厳しい自然環境を相手に生活することを考えてみたりする。

そんなこんなで半日を過ごし、16時45分の船で石垣島へ。

ちょっと時間的に忙しいし、宿泊したほうが島をより感じることができると思うけど、これはこれで楽しいアイランドホッピングだったりしたよ。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト