« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/28

先入観を持たずに工夫する大切さ

この本をパラパラと本屋(石垣島にも本屋はあるのです)で捲り、ウミウシの写真を見たときちょっと不思議な感じに襲われた。
最初、それが何故なのか解らず、思わず購入してお家でじっくり写真集を眺めなおしてみた。
何度か繰り返し写真をみるうちに、「ウミウシの写真にしては被写界深度が深い(手前から奥までピントがあっているという意味です)」ことに気がついた。さらに光が綺麗に回っていることにも。
自分が通常撮影しているウミウシ写真の仕上がりとはずいぶんと違うことから「ムッ・ムッ・ムッ」と不思議に感じたらしい。

実は僕はあんまりウミウシの写真を撮らない。
というのは、一眼レフデジタルカメラに105mmマクロレンズをつけて彼らをアップでとると、どうしても被写界深度が浅く(ピントがあう範囲が狭く)なり、どこにピンを併せるべきが迷ってしまうのだ。
結局、前の触覚にピンをあわせ、その前後はボケているという、ありがちで、かつ全体像を表現するには物足りない写真になってしまうことに落胆を覚え、熱心にレンズを向ける気になれないのでいた。

その秘密を著者は本書のなかで明かしてくれている。
なんとコンパクトデジタルカメラで撮影しているという。
コンパクトデジカメは、一眼デジカメに比べて、被写界深度が深い写真を撮りやすいことが知られている(逆に言えば、ピンが薄い写真は撮りにくい)。
またストロボ光を拡散させる拡散版を自作で工夫することにより、被写体全体に光を回しているという。

かつて水中デジカメ黎明期に、各人がいろんな工夫をしてコンパクトデジカメを水中に持ち込み、様々な成果を挙げていた時期がある。(たとえばアンクルMさんのこのページなんかはその貴重な記録だろう
僕なんかはその時代を経ながらも、「でもやっぱりきっちり写真をとるんだったら一眼レフだよねぇ」との先入観から、コンパクトデジカメを捨てて、一眼デジカメに流れたのだった。

記述によれば著者がコンパクトデジカメを選択している理由は別のところにあるのだが、その他のコンパクトデジカメの長所に気づき、種々の工夫をすることによって、とても個性的なウミウシ写真の世界を確立したのだ。

最近、コンパクトデジカメで結構な写真をとっている人たちも現れている(あの小野にぃにぃのブログの写真ではコンデジも登場し、「コンデジでここまで撮れるのか」とビックリします)。
もちろん、一眼デジカメが優れていることに変わりはないと思うんだけど、けして一眼デジカメが万能なわけではないのだ。
当たり前のことだけど、そのことに気づかされ、工夫し、熱意をもって被写体に向かうことの大切さを教えてくれる素晴らしい写真集だと思う。

2008/02/21

飛べない鳥

Kanmuriwasi0802_800

とある道路際の欄干にとまっていたカンムリワシの幼鳥君。
写真からも感じられると思うんだけど、人(僕のことだよ)が近づいていっても全然逃げない。
おかげで、はじめてきっちりした写真を撮れたよ。
って、喜ぶべき話でもなく。。。

なんでも、聞いたところによると、弱っているところを一時的に保護されて、その後、体力が回復したので野生に返そうとしているんだけど、人や車を怖いものと思わないらしく、ちっとも野生に戻ろうとしないとのこと。
車がビュンビュン通る側で一日中、じっとしているらしい。

変な人につかまらなければいいけれど。
道路にうっかりおりたって車に轢かれなければいいけれど。
(最近、カンムリワシを含め、ロードキル(道路で車に轢かれて死んでしまうこと)が多発しているのですよ)

早く野生に目覚めて羽ばたいてね(お祈り・そして・はぁ~と)。

2008/02/18

やっと日が射したよ!

080218

一昨日からやっと日が射し始めたよ!
いったい何日ぶりにみる陽射しだろう。
3週間ぶり? いや4週間ぶりだったっけ?
思わず外にでて、両手を広げ空を仰ぐ。全身に陽射しを浴びる。
そんな仕草を思わずしてしまうほどの久方ぶりの陽射しだ。
屋根の上のシーサーもほんと嬉しそうだよ。

2008/02/13

曇りだけでもありがたい。。

Tita_umiusi

まあ、とにかく天気が悪い。
ここ23日間で日照時間はわずか7時間、平年の10%にも満たないという。
この7時間以外は曇り・雨・雨・曇り・雨・雨・・・・といった塩梅だ。
こう天気が悪いと外のお仕事がまったく捗らない。
ペンキ塗り、芝刈り、草刈、草むしり、剪定、外構の修理、植栽等々やることは山積みなんだけど。
ワンコの散歩にもいけないしね。。
ここまでくると「太陽は望みません。せめて1日、外のお仕事ができるように曇りでいてください。雨だけは勘弁してください」と柄にも無くとても殊勝な人となる今日この頃なのだ。

悪い天気の写真を貼ってもしょうがないので、気分も明るく?マダライロウミウシ。
2匹が寄り添っているが、交接しようとしているわけでもないらしい。1匹が他を追尾している姿でよく知られているけど、その理由は謎なんだって。

2008/02/07

雨にけぶるやまなみ

080207_yonehara

冴えん、それにしても冴えん。
石垣島はここんとこ毎日雨なのである。
いったいどうしてしまったのかというくらい天気が悪いのである。
最高気温16℃。
これはコートを着ない(というか持っていない)生活の中では実に寒いのだ。
どんよりと垂れ込めた雲は、我が家の近くからみえる美しい山並みも隠してしまい、南国らしからぬ水墨画の世界に。
今年からはじまったロッテキャンプがあまりの天気の悪さに来年から中止になりはしまいかと、まじめに心配してしまうここ数日である。

2008/02/04

冬の静かな海のなかで

ギンガハゼと共生エビ

2月は幸いなことに忙しくなりそうなので、時間のあいたとある日、冷たい雨がしょぼふるなか、川平湾で潜ってきたよ。
雨脚が強まったり弱まったりするなか、一人でタンクをセッティングするのは憂鬱なもんだけど、水のなかに入ってしまえば平気、平気。湾内は川の水も流入しているため水温20℃前後と外洋に比べるとちょっと冷たいけど、ロクハン、かぶりなら2時間は大丈夫。久しぶりにのんびり写真を撮ってきた。

冬の海は静かで、生き物の気配も薄いし、ハゼも妙に警戒心が強くてパッとしないんだけど、そんなときの強い見方がギンガハゼ君。
例年通り、今年も60mmでばっちり寄らせてくれ、砂を掻きだす共生エビと鰭を広げるギンガハゼ君を存分に堪能したよ。
あとはイトヒキなどのテンジクダイの仲間、ホシハゼなどのハゼの仲間、デバスズメダイの群れ、チョウチョウウオの幼魚各種、マンジュウ、ニシキテグリなどなど。計2時間半のダイビングで平和で静かな冬の川平湾なのでした。


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト