« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/30

モンツキカエルウオ君に会いに行く

モンツキカエルウオ

相変わらず空梅雨の石垣島は毎日が暑い。
こう暑いと頭を水で冷やさぬことにはいてもたってもいられない、ということで、某有名パン屋の下のそばのリーフエッジにモンツキカエルウオがいるよん、という話を思い出し、えっちらおっちら行ってきたよ。

海岸林の手前に車をとめタンクをセッティングし、急な斜面をタンクを背負ったまま下ると、小さな砂浜にでる。そこからエントリーして、リーフ沿いに泳ぎ、水深の浅いところはのたうったり歩いたりし、隣のゴロタ石の浜の前のリーフにでる。
このあたりは、時化た時にはよく波があたり、適度に藻が生えているなど、彼らの生息環境にバッチリ風なところなんだけど、歩いたり泳いだり這い蹲ったりで、ビーチからのアクセスはあまりお勧めできないかなぁ。。。

ただ、あんまり気合をいれずに探しても2匹を発見できたので、生息密度は結構期待できるかも。

体力の無い僕は疲れてしまってせっかくの被写体を前にあんまり集中できずタイムアップとなった5月の平和な夕暮れ時でした。


2007/05/28

よい天気~

070528

沖縄関連のブログでは大抵触れているんじゃないかと思うんだけど、まあ、触れざるおえないくらいよい天気が続いている。
昨年も入梅した前半はよい天気が続いたように思うんだけど、それを超えているんじゃないかなぁ。
毎日、太陽に恵まれ、そして暑い。
外でちょっとでも作業をしようものなら身体中から汗が吹き出る。
こんな日は、やっぱり海につかってサンゴでも眺めているのが正しい過ごし方ではないかと思う今日この頃なのだ。
それにしてもこう雨が降らないとお庭の植物がちょっとやばいかも。農作物が大丈夫かもちょっと心配でもあったりする5月の終わりなのでした。

2007/05/25

のんびりしてます

070524

梅雨に入った八重山地方だけど、ここ石垣島は、よい天気に恵まれている。
今頃から6月中旬までは、観光客もとても少なくなり、島はとても静かだ。
僕達も日々の業務から解放され、のんびりやっているよ。

実を言うと、GW前から、かみさんが体調を崩していたものだから、毎日が綱渡り。
お客様に粗相がないように遣り繰りするのに四苦八苦した4月末から5月半ばにかけてのぷかぴ~ライフだったんだよねぇ。
なので余計に静かさが身に沁みいる久しぶりのお休みなのだ....

2007/05/14

ニコンの新しいマクロレンズを水中で試してみたよん~

サザナミヤッコ_yg

昨年、ニコンが新しい望遠マクロレンズ(AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G (IF))を発売した。
オートフォーカス性能優れるAF-Sで手ぶれ補正(VR)があるというのだから興味津々!
そんな優れものを、借用することができた。
持つべきものは友達だねぇ!

連休(GW)の1週間ほど前から借りていたいたんだけど、なかなか僕のフリーな時間と海況が会わず、やっと先日、米原ビーチで試し撮りと相成った。

タンクは持たずに純粋にシュノーケリング。ロクハンのロングジョン&フードベストによ~く沈むようにウエイト7kg(約1kgオーバーです)という格好。

カメラはニコンD100。ハウジングはアンティス。専用のポートはもっていないので60mmマクロ用ポートにエクステンションをかまして使う。
これだとフォーカスギアがないので、オートフォーカス専用機となる。

で、使用感だけど、うーむ、3世代前のデジイチとなるD100ではチトきついーなぁ。
D200とかD80とかだとまた違うんだろうけど...
被写体の大きさがそこそこあり(8cm程度以上)、コントラストのある模様で、動きが小刻みでなく、水中が明るくバックが単純に抜けているといった条件が揃わないとなかなか、という感じ。
写真のサザナミヤッコの幼魚なんかはうまくいったけど、僕の大好きなスズメダイはちょっと....
従来どおりマニュアルフォーカスでの撮影が続くことになりそう。
片手でひょいととれたらほんとシュノーケリングでの撮影は楽だったんだけどねぇ。残念。。。。

2007/05/01

ホタルの季節

オオシママドボタルの幼虫

夜、庭や玄関前の叢をボーッとみていると、小さな小さな青白い灯りをポツン、ポツンと見つけることができる。
オオシママドボタルだ。

彼らは、陸生で、かつ群生しない。だから内地のゲンジボタルの光景が頭にあると、「え、これがホタルなの?」と思うに違いない。
しかも、幼虫も光るし。。。

上の写真(ダメダメ写真だけど...)の怪獣のような奴が、オオシママドボタルの幼虫でお尻(画面の左側ね)が、ちょっと発光しているのがわかるかしら?

石垣島にきたら、叢のそばの道端や庭の端のほうを注意していみると案外簡単に見つかるよ。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト