« キンギョハナダイの幼魚 | トップページ | ニシキテグリ@川平湾 »

2007/04/01

マンジュウイシモチにやっと会えたね

マンジュウイシモチ

「やっと会えたね」は、某作家が某元アイドルを口説くときに使った台詞だったと思うけど(ム、違ったかぁ???)、僕の場合、マンジュウイシモチに使ってしまうのである。

時々、タンクを借りてはセルフで川平湾を潜っていたんだけど、その目的といえば、一に泥ハゼ、二にマンジュウイシモチだったのである。
しかし、何べん探してみもちっとも見つけることができず、深い落胆に苛まれていた今日この頃だったのだ。

今度こそ、と深く胸に秘めていたtakeは、しつこく何度も、「どこ」に、「どんな環境」にいるのかをショップのオーナーやスタッフに聞き、何回目になるかわからないチャレンジを、3月末日のある日試みたのであった。

「どこ」で聞き出した場所にコンパスをあわせビーチエントリーする。
概ねこのあたりだろうと思われる場所で、「どんな環境」で聞き出した雰囲気のところに陣取る。

そこは、水深といい、サンゴや藻の映え具合といい、他にいる生き物といい、まさにバッチグーに思われる環境である。
「ここでみつからなかったら、もう絶対見つからないよな」と、ちょっと諦めの気持ちが混じりつつ、その辺にいくらでもいるキイロサンゴハゼにカメラを向け、しばし遊んでいたいのであった。

ふと視野の端っこに気配がする。
ファインダーから目を離し、あたりを見回す。
すると、なんとマンジュウイシモチが目の前に出現しているのであった。
目が慣れると、何匹もいることに気づく。
「なんで今まで気づかなかったんだろう」と思うほど、何気ないところに、点々と生息しているのであった。

見つけてしまえば、これほど撮影しやすい種も珍しいわけで、「やっと会えたね」とつぶやきつつ激写を続けるうららかな春の午後3時なのであった。


« キンギョハナダイの幼魚 | トップページ | ニシキテグリ@川平湾 »

1. 海・水中写真ネタ」カテゴリの記事

コメント

いやーwwキレイに模様までバッチリですなぁ^^

マンジュウイシモチはカミサンが好きで^^

川平湾おそるべしww

そうなのです。真珠だけではないのです。川平湾は懐の深い海だったりするのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43000/14482133

この記事へのトラックバック一覧です: マンジュウイシモチにやっと会えたね:

« キンギョハナダイの幼魚 | トップページ | ニシキテグリ@川平湾 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト