« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/21

海をみる石垣牛

060520

紫外線の強いこの季節、ひとたび晴れれば鮮やかな景色に恵まれる。
ちょっと海沿いを車で走れば、こ~んな青い海をバックに、緑の中でのんびり草を食む牛の姿にも出会えるよ。

2006/05/20

梅雨じゃないのかぁ???

060519

入梅したはずの石垣島なんだけど、あんまり雨が降らなかったりしている。
それどころか、晴れの時が多かったりして、どうも調子が狂ったりする。
もともと石垣島の梅雨は、内地の梅雨みたいに毎日毎日ジトジト雨が降ったりはせず、曇りをベースにスコールのような激しい雨が降ったり、いきなり雲の割れ目からぽっかり青空が見え、まぶしい光が射し込んだりといった按配なんだけど、いまのところ、ベースとなるはずの曇りが少なくて、晴れのときが多いんだよねぇ。
おかげでビールが進む、進む。。。
新潟生まれの愛犬ラフティも「僕には日向が暑すぎますぅ」といっております。。。

2006/05/11

午後のシュノーケリングツアー

ミヤコキセンスズメダイの幼魚

連休が明けた日から、石垣島はまるで夏だ。
穏やかな南風、まぶしい太陽、汗の滴る気温。
例年だとそろそろ入梅の頃なんだけど、もうこのまま夏がくるんじゃないかと、錯覚してしまいそうだ。

お客様が引け、午後が丸々空いた先日の午後、海に行ってきたよ。
一箇所だけじゃつまらないので、この日は何箇所か海をチェックすることにした。
写真もジックリ獲りたかったので、タンクも借りた。
カメラのセッティングは60mmマクロにした。
これだと105mmほど神経質でも大きくもないので獲り回しが楽だものね。

まず一箇所目は通称「電信屋」と呼ばれている浜
ここは藻場が広がっているので、幼魚がいろいろいるのではないかと期待したのだ。
南向きの海のため、風が南だと波が入る。案の定波がたち、あまりよいコンディションではない。
そのためカメラも持たず、シュノーケリングオンリーで様子をチェックするだけにしてみた。
うきうきしながら海の中をのぞいてみたけど、残念ながら読みは外れ。
ただただ、波のなかを藻がゆれているだけなのであった。

ついで、御神岬の東の浜
ここはリーフエッジまで比較的浜から近く、また、あまり人が入っていないのでお勧めの場所の1つ。
ただ、駐車場から細い急な坂道を結構、たらたら歩くのが玉に瑕なのである。
カメラはもっていけるけど、タンクを背負って下りるのはちょっと無理というところです(もちろん体力がある方は丈夫だけど。。。)
カメラのみをもってエントリーする。
透明度も良く、すぐにブダイやハギやカワハギの仲間の群れに遭遇する。ほどなくリーフエッジにたどり着き、様々なサンゴ礁のお魚が群れているのが見える。小魚を狙って、回遊魚(カスミアジ)が隊列を組んでエッジを行き来したりもしている。
なかなかによい景色である!
でも、take的には今日はタンクを背負ってじっくり写真を撮りたかったので、だいぶ不完全燃焼なのであった。

で、最後はホームグランドの米原ビーチに向かう。
駐車場でタンクを背負って、ちょこちょこ歩いてエントリー。あ~楽チン。。。。
エントリー口は透明度が悪く、また、御神岬の東に比べると人が多く入り荒れているので欠点が目立ってしまう。
でも、しばらくパッチリーフやら枝サンゴ地帯やらリーフエッジ近くの岩礁帯やらをお散歩していると、いろいろなお魚さんに出会い、「やっぱ米原はすげーや」と、ニコニコしながらシャッターを押すtakeがいるのでありました。

今、旬なのがクロスズメダイの幼魚の超ミニサイズ!
大きさが5mmくらいで、と~ってもラブリーです!!

今日の写真はミヤコキセンスズメダイの幼魚!!!
ブルーとオレンジのラインがおしゃれな奴です。

彼らは、ちょっと波がたつような浅場の岩礁帯に生息し、動きも早い。
波で身体が揺れ、被写体もチョコマカ動くので、このときみたいに海が超静かでないとなかなか撮影しにくい奴でもあるのです。

結局、米原で3時間もタンクを背負ったまま海に入っていたのでした...
エキジットすると既に夕方に....
本当はこの後底地ビーチも行きたかったんだけど、ガマン、ガマン.....

こんな風に何箇所か組み合わせて水遊びするのも楽しいよ!
石垣島のシュノーケリングポイントについては八重山フィールドノートさんがと~っても詳しいので参考にしてみてね。


2006/05/08

ヘロヘロのなかでうれしい再会があったのだぁ!

デバスズメダイの群れ

GWは、我がぷかぴ~もお客様に恵まれ、連日大忙し。
利用してくれた皆様方本当にありがとうございました!!!

連休最終日にお客様を送り出すと、ほっとしたせいもあり、takeはヘロヘロ。
今にも眠り込みたい気分だったんだけど、しばらく海にいけなかったせいで、頭のお皿がカラカラ。
という訳で(どういう訳だ?)、ちょっぴり米原海岸でシュノーケリングをしてきました。

とても神経質にピントを合わせるマクロをやる気力はなかったので、ワイドをノリでとうろうかななどとカメラを抱えイソイソと浜に向かうと、なんと偶然にもばったりSさんとお嬢様にお会いしたのでした!

「takeさん? Sです!」
「えぇ~~!!! ごぶさたですぅ!!!」

Sさんは、昨年、台風を挟んで長期で利用してくれた、とても印象深いお客様なのです。しかも、このGWも宿泊の申し込みをしてくれたのにもかかわらず、既にお部屋が埋まっており、泣く泣くお断りをしてしまったというtake的にはとても申し訳なく思っていた方でもあるのです。
「GWにどこか遊びにいけたのかなぁ?」とtakeは大変気にしていたのでした。

いやぁ、でも海でばったり会えるなんて! 
石垣島に来れたんですねぇ!! と、ほっとすると同時にとても嬉しい再会なのでした。

写真は、嬉しい再会に気分も上々でノリでシャッターを押したデバスズメダイの群れ。
こんな感じにあちこちでお魚さんが群れる平和な午後なのでありました。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト