« 浜下りでよい天気 | トップページ | ムスジコショウダイの幼魚 »

2006/04/02

ヒメダテハゼとちょっと遊んでみる

ヒメダテハゼ

天気予報では雨とのことだったので、「今日は一日室内作業をしよう」と予定を組んでいたんだけど、いっこうに天気が崩れる兆しが無い。空は晴れ、海は青く、風が穏やかだったりする。
「これを見逃しちゃぁいけないね」と、何がいけないのかよくわからないけど、まあ、とにかくカメラをセットして、米原ビーチにシュノーケリングに行ってきたよ。

時間は干潮近くの下げ潮時。
潮位が低すぎるし、下げ潮で水が濁っているしで、あまりシュノーケリングにはお勧めできない潮時である。
僕もでかいカメラを抱えて、浅い水溜りのようなリーフ内を這い蹲るものだから、最近出てきたお腹が砂に乗り上げたりして、まるで座礁した鯨がのたうつような、とても人様には見せられない恥ずかしさである。

そんな私を神様は不幸に思ったのであろう。
ヒメダテハゼが、ヒレを全開にして、盛んに捕食しているシーンに合わせてくれたよ。

オーバーウエイトにセッティングしているため、息を胸いっぱいにためていると身体が浮き、息を吐くと身体が沈む。
被写体を見つけると、おもむろに息を吐きブクブクと沈む。
カメラを向け、露出を調整し、ピンをあわせシャッターチャンスを待つ。
たいていは、チャンスが来る前に息が苦しくなり、慌てて水面に浮上し、大きく息をする。

こんな半分おぼれているような行為を繰り返しつつ、チャンスを待つわけで、正直、40を越えた私にはとてもとても辛い遊びなのであった。

写真は捕食に飛び出したヒメダテハゼの姿なんだけど、うーん、残念! ピンが甘いですねぇ....
でもさぁ、こんな撮影方法でピンとシャッターチャンスを併せるのも実に困難なんだよねぇ...


« 浜下りでよい天気 | トップページ | ムスジコショウダイの幼魚 »

1. 海・水中写真ネタ」カテゴリの記事

コメント

『たいていは、チャンスが来る前に息が苦しくなり、慌てて水面に浮上し、大きく息をする。』
まさに!!お気持ちお察しします。私も、米原ビーチでサザナミヤッコ(yg)をgetしたときは、その後酸欠のためか数時間、頭痛に悩まされました。でも、やっぱり止められませんね。今年のG.W.は、石垣までたどり着けず奄美大島でstopとなりましたが、夏には再び石垣に再上陸する予定です。ダイビングも楽しみなんですが、米原ビーチのシュノーケリングもかなり楽しみです。今度は、酸欠にならないよう注意しないと、、、。

まさしさん、ご無沙汰してます。
奄美の海も濃そうですねぇ...
今年の夏は気合をいれて、是非是非、米原チャレンジもど~ぞ!

お姫様ですね~ 美しい!!

もう少しピンがきていれば、ホント、バッチリだったんですけどねぇ。。。おしい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43000/9401819

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメダテハゼとちょっと遊んでみる:

« 浜下りでよい天気 | トップページ | ムスジコショウダイの幼魚 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト