« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/24

晴れたり・曇ったり

060324

春と秋の天気は移ろいやすいものだけど、ここ石垣島もめまぐるしく天気が変わっている。
晴れかと思えば曇り、曇りかと思えば雨。
北風かと思えば南風。穏やかな風かと思えば突風。
25℃以上あって暑いかと思えば、20度以下で肌寒い(20度前後だと肌寒く感じてしまうのです)。

一昨日は写真のようにぴーかんで、「もう絶好調だぜぃ!」ってノリノリだったのに、昨日今日と低~い雲に覆われたどんよりとした天気。
高気圧や前線とのちょっとした位置関係、勢力の強弱により天気が変わるため、簡単にカードの表と裏がひっくり返るのです。

ところで、今日は、なんと石垣島の八重山商業高校が見事に甲子園で勝ちました。
しばらく八重山フィーバーを楽しめそうです。

2006/03/14

天気を狙って海遊び

ベニヒレイトヒキベラ

島に住んでいて「最高!」って思えることの1つには、やはり天気を狙って遊びにいけるということだろう。
3月とは思えない鮮やかな陽射しに恵まれた先日の土曜日、なぜかお客様もいなかったりし、「こういう時は潜るしかないでしょ!」ということで、久しぶりのダイビングにでかけたよ。

3月から4月にかけてのなんといってもお勧めは、アカネハナゴイ! 
通称ベッカムと呼ばれている、南の島の海ならば、どこで沢山群れているお魚です。
彼らがディスプレイを始め、実に色鮮やかになるのです。
透明度と天気のいいときを狙って、ぜひともワイドで狙いたい被写体の一つですねぇ。
この時期の様子は僕のサイトの昨年の3月4月の報告もよかったら参考にしてね。

なんて書きつつ、写真はベニヒレイトヒキベラ。
アカネハナゴイはまともな写真が一枚も取れなかったのです。トホホ。
一方、ベニヒレはいつも狙っているせいか、動き回る魚の割には成功率が高いのだよねぇ。
ベニヒレが高確率で撮れれば、他も撮れそうなものだけど、そうじゃないんだよね。だから水中写真はやめられないのかも。

2006/03/10

直行便がなくなるって、マジですか?

全日空が、今年の秋より、内地と石垣島とのあいだの直行便を廃止することを発表した。
廃止後は、内地からは沖縄本島経由でのみアクセスできることになる。

これにより料金と時間、両方で大きな影響がでてしまう。

東京~石垣のケースで、まず料金面を見てみよう。4月に石垣島に行こうとした場合、片道で正規料金:53500円、特割7:35500円、旅割18400円、超割18700円となる。
一方、直行便がなく経由便だとすると、同様に、57000円、44700円、24700円、22300円となり、その差額は、正規で3500円、特割7で9200円、旅割で6300円、超割3600円もある。

時間的にも、直行便は羽田を6:40にでたあと、10:15には石垣島に着くのに、那覇経由だと6:40の那覇行きに乗っても、石垣島につくのは12:40と2時間以上も違ってしまう(まあ、この乗り継ぎの悪さはいくらなんでも改善するんだろうけどね)

実際、この島で宿泊業を営んで、お客様のご予約を受け付けたりしていると、「割安な直行便がとれなかったから今回の旅は見送ります」という方も結構いらっしゃるのですよ。
大手であれば、ホテル側で料金で泣いて、パッケージにあまり影響を与えない料金設定なんていうのも可能なのかもしれないけど、僕達みたいな、吹けば飛ぶよ~な小さ~い商売をやっているものはそんなこともできないし、あまりにも影響が大きいよねぇ。

ところで全日空は、バースデー割引も今年3月で廃止するのですね。いやぁ、強気だなぁ。

JTAはいまのところ直行便を廃止しないようだし、バースデー割引も継続するようですので、皆様にはJAL(沖縄ではJTAね)を利用することを強~くお勧めするtakeなのでした!

2006/03/06

いい天気♪

060306

ここのところズーッと、雨・雨・雨の天気が続いていた石垣島なんだけど、そんな天気がウソのように、3日ごろから良くなってきたよ。
4日土曜日はまさに完璧で、青い空、輝く海、そよぐ風と言うことなし。
こう天気がいいと自然に笑みがこぼれてきて、そのうちガハハ・ガハハと大声で笑いたくなる。
笑ってばかりじゃもったいないので、僕達も愛犬ラフティをつれて、米原ビーチを散歩してきた。
午前中は、誰もいない海を貸しきり状態!
大喜びで太陽と海の恵みを身体いっぱいに浴びてきた気持ちの良い一日なのであった。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト