« 流木がザクザク | トップページ | イエーィ »

2005/01/16

ジャコウアゲハが飛んでいたのだ

ジャコウアゲハ
 昨日、目に紅が鮮やかなジャコウアゲハを見かけた。

 ここのところ天気がさえない石垣島では、「あ、チョウチョだ! 久しぶりだなぁ」と思わずつぶやいてしまう。

 実は、肌寒さを感じる11月から12月にかけて多くのチョウチョを見かけていた。
 アサギマダラとかスジグロカバマダラなどという、妙に綺麗なチョウチョなどを。
 だから、この島では冬にかけてチョウチョが増えるのかななどと単純に思っていたのだ。

 しかし、1月になり、日最高気温が20度をきると、いきなり見かけるチョウチョの個体数が減る。
 どうやら、ある温度の範囲内でチョウチョは活動を行っているようだ。

 まあ、そう小難しい感想を述べなくても、こんなアゲハを見かけると、その一日は結構いい気分であることだけは間違い。

« 流木がザクザク | トップページ | イエーィ »

3. 石垣島の日々の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43000/2586578

この記事へのトラックバック一覧です: ジャコウアゲハが飛んでいたのだ:

« 流木がザクザク | トップページ | イエーィ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト