« 60mmマクロを使ってみたよ | トップページ | 久しぶりの米原ビーチ »

2004/10/27

D100でSEA&SEAのストロボを使う場合はご用心

イシガキカエルウオ

 D100をアンティスのハウジングにいれて、SEA&SEAのストロボをつけている人はどれくらいいるのでしょうか?
 実は、ストロボ側からTTL関係の余計な信号がカメラ側に伝わることで、カメラがフリーズし、シャッターがおりなくなる場合がありますので注意が必要です。

 このことを知らずに潜ったため、ストロボが発光せず、この写真のように自然光で撮影する羽目となってしまいました。(写真のイシガキカエルウオは自然光、絞り開放、赤色を増加するというレタッチを強く施しています)

 先日、僕のINON・Z220にトラブルがあり、SEA&SEAのYS60を借りて撮影してみました。

 最初は普通に撮影できたいたのですが、突然、シャッターがおりなくなるという症状に見舞われました。
 ストロボの電源を切るとシャッターがお降りるのですが、電源をいれると、ストロボの接続マークが点滅して、シャッターが降りなくなったのです。

 焦りましたね~。
 また水没かぁ?

 エキジット後、コネクター部分をチェックしたのですが、水没している様子はありません。
 とりあえず、右側の「シンクロソケット1」をあきらめ、左側の「シンクロソケット2」に接続すると、問題なく発光します。

 ネットで調べてみると、やはり貴重な情報を提供していくれるかたがいらっしゃいました
 詳細はそちらでご覧いただくとして、メインのソケットでは、余計な信号が邪魔をして、撮影できないという状況になり、サブ側は最初から余計な信号を伝えるコードがないため、そのようなトラブルがおきないということらしいのです。

 このサイトに書いてあるように、シンクロ接点以外の接点を紙で覆って絶縁してみると、無事、メインソケット側でもストロボが発光しました。

 水没じゃなくてやれやれといったところです。

« 60mmマクロを使ってみたよ | トップページ | 久しぶりの米原ビーチ »

1. 海・水中写真ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43000/1789423

この記事へのトラックバック一覧です: D100でSEA&SEAのストロボを使う場合はご用心:

« 60mmマクロを使ってみたよ | トップページ | 久しぶりの米原ビーチ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト