« 遠く去った夏 | トップページ | D100でSEA&SEAのストロボを使う場合はご用心 »

2004/10/25

60mmマクロを使ってみたよ

バブルコーラルシュリンプ

 今日の石垣島は台風24号の強風域に入り、終日、強風に見舞われました。
 飛行機の欠航も相次いでます。ダイビングショップも船を出すことができず、一部のショップがビーチダイビングを敢行したのみのようです。

 この台風に襲われる前、先週の週末に、はじめて60mmマクロ(僕の使っているD100では90mm換算)をつけてダイビングをしました。

 今まで使ってきた105mmマクロ(D100では158mm換算)とはまたずいぶんと違った世界が開けました。

 105mmはハゼのように小さくて近づけない被写体をとるには不可欠なレンズですが、動くもの、やや大きいものをとるにはついついもてあましてしまいます。
 ニシキフウライウオのペアやヘコアユの群れなど十数cm以上の範囲を切り取る必要がある被写体を見つけても、指をくわえて見ているしかなかったのです。

 その点、60mmは数十センチまでいけそうで、気軽にシャッターを押せます。
 それに、被写界深度が深く、ピンが合い易いのもありがたい点です。
 このバブルコーラルシュリンプのような透明なエビ類は、105mmでは前足から目のどこにピンをあわせるか(どちらかしかピンがあわないので)迷ってしまうのですが、60mmでは両方ピンがくるため、フレーミングに集中できます。

 一方、被写体に105mm以上にグンと近づかないと写真にならないので気をつけなければいけないようです。

 60mmと105mm。どちらも魅力的なレンズで、どっちを持って潜行しようか迷ってしまいます。。。

« 遠く去った夏 | トップページ | D100でSEA&SEAのストロボを使う場合はご用心 »

1. 海・水中写真ネタ」カテゴリの記事

コメント

お~、いよいよ両刀使いですか!
おっしゃる通りで、狙い撃ちダイビングならOKでしょうが、
一般的には悩みますよね~。
と言っても、私は60mmしか持っていませんが。
60mmでのハゼ撮りは絵が作りにくいですね。
ハゼには105が欲しいな~と。
動かないチビ相手には60+拡大レンズで対応しようと思っています。

ハゼはやっぱり105mmですよねぇ。
とくにオドリハゼみたいに小さいやつは。。
「あ~105mmをもっていれば」
「なんで60mmつけなかったんだろう」
と、水中でぶつぶつ言うことが増えそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43000/1772322

この記事へのトラックバック一覧です: 60mmマクロを使ってみたよ:

« 遠く去った夏 | トップページ | D100でSEA&SEAのストロボを使う場合はご用心 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト