« オイランハゼがウジャウジャ | トップページ | 手に入るもの入らないもの(食品編part2) »

2004/09/04

手に入るもの入らないもの(食品編)

 ずいぶんと前に報告したように、石垣島は結構な街で、大きなスーパーも3社あり、生活必需品はほぼ問題なく手に入ります。とはいえ、そこは人口5万未満の街。今まで僕が日常的に使用してきたもので、手に入らないものというのもいろいろとあります。今日はそのうち食品関係についていくつかご報告を。

■生ハム&ナチュラルチーズ
 ここでいってる生ハムは、某社の化学調味料と食品添加物たっぷりの生ハムではなく、パルマやサルディーニ産の無添加・塩だけで熟成させたもののことです。
 「何贅沢いってんだ、だったら島に来るなよ!」と言われそうですが、ハイ、僕もそう思います。
 でもね、見つけちゃったんだ!
 何かというと、石垣島産のルッコラ!!
 これが薫り高くてうまいのですよごくごく当たり前に露地物が手に入るのですよ。東京で売っている袋にほんの少~しだけ詰められた某社のルッコラとは雲泥の差(ちと、いいすぎか?)。口に含むと、あの独特の薫りが広がり「ウマァ~」の世界なのですよ
 となると、パルマの生ハムがほしくなるじゃないですか!
 パルミジャーノ・レジャーノ(イタリアの代表的なハードタイプのナチュラルチーズです)と合わせたいじゃないですか!!
 普段は水菜(これも石垣島産の露地物が豊富です)と混ぜて、和風のサラダに仕立てていただくのですが(これはこれでメチャうまいっす)、たまにはパスタに生ハム祭りといきたいことがあるのです。
 通販で生ハムとチーズを纏め買いして、たまにルッコラ&生ハム&チーズを楽しんでおります。

■オリーブオイル&ワインビネガー
 僕はどうも市販のドレッシングというものが好きになれず、普段のドレッシングは和洋中とも手づくりにしています。
 油と酢と塩分、それにスパイスを適宜混ぜて振るだけで、いろんなテイストのドレッシングができあがり、とても楽しいものです。
 ごま油、日本の酢、中国酢、醤油、塩などはいろんな種類が手に入るのですが、オリーブオイルとワインビネガーはいまのところ見つけることができないでいます。
 ちょっと補足すると、大きな食品会社がブレンドして売っているオリーブオイルは手に入るのですが、○○地方のオリーブオイルなどとなると無いようです。オリーブオイルは地方ごとの独特の香りが個性となって楽しいので、バランスの取れたただの油として調整されていない各地方発のものをドレッシングのベースには使いたいのです。ロックで飲むならブレンデッドウイスキーよりモルトウイスキーが楽しいのと同じような感覚でしょうか?またワインビネガーは、マイユなどメジャーなものも見かけません。
 洋風のドレッシングの場合、いずれも欠かせないものなので仕方なく通販に頼っております。

■ザーサイ
 島豆腐というのはほんとうにおいしいもので、しっかりとした食感があり、大豆の旨みも強いので、塩をパラパラっとふるだけでも十分においしいのである。さらに、これにごま油をふったりすると、また、風味が増してよろしいのである。
 そこで、僕がどうしても試したいのが、ザーサイとの組み合わせなのである。ザーサイを細かくみじん切りにし、パラパラと豆腐にふる。軽く塩もふる。そこにごま油をふる。豆腐の旨みとごま油の香りにザーサイの風味が加わり、これはこれで絶対に旨いと確信しているのである。
 ところがなぜか売っていなんですねぇ~。ザーサイが。。。一応、○屋などの調味した瓶詰めは売っているんですけど、それじゃ駄目なんです。塩漬けしただけの塊がほしいのです。
 八重山から台湾は目と鼻の先。毎週、台湾からフェリーからやってきます。もともとは台湾系の人が開いたとされる部落もあります。それに沖縄は中国とも関わりが深いのです。だけどなんででしょうねぇ?中国系の食材はあまり売っていないように感じます。
 ザーサイを通販で買うとあまりに送料が無駄なので、現在、どこかに売っていないか探しております。。。

■生クリーム
 植物性のクリームや調整したクリームは売っているのですが、乳脂肪分だけの35%だの47%だのという生クリームは目にしません。まあ、お菓子には植物性のクリームで軽く作ってもいいと思うし、この暑いところで、こってりしたホワイトクリームソースのパスタを食べたいとも思わないのでとくに問題は感じないのですが。。。

■ナムプラー
 これは小さい瓶のものは売っています。しかし、これでは高くついてしまうので、「大きな瓶で割安なもの」が手にはいらないかなぁ、ということで取り上げてみました。
 何にそんなに使うのかというと、パパイヤのサラダです。
 こちらではパパイヤを野菜として食べます。サラダにしたり炒めたりして食べるのですが、今僕が一番気に入っているのがタイ風のサラダなのです。
 千切りにした青いパパイヤ、ニンジン、春雨、ナッツを盛ったところに、ナンプラー、レモン汁、辛味(コーレグースなど)、甘み(蜂蜜など)を混ぜた酸っぱくて辛くて甘いドレッシングをかけて食べるのです。
 最近、これにすっかり嵌ってしまい、毎日のようにパパイヤを千切りにしているのです。そのためナンプラーもどんどん消費してしまうのです。でも通販で買うほどの量や値段ではないんですよねぇ。。。

 くだくだ買いてきましたが無くて困るものは一つもないわけで、南の島に来てこういう話をしている自分に「なんだかんぁ」とちょっと自分を責めてしまうのでありました。

« オイランハゼがウジャウジャ | トップページ | 手に入るもの入らないもの(食品編part2) »

3. 石垣島の日々の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43000/1356181

この記事へのトラックバック一覧です: 手に入るもの入らないもの(食品編):

« オイランハゼがウジャウジャ | トップページ | 手に入るもの入らないもの(食品編part2) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ・ブログ

海好き自然好きサイト